迷走!水玉野郎3.0



▼このブログについて
▼海外に愛犬を連れて行く
▼このブログを楽しんでいただくために
▼このブログの管理者に連絡とりたい方
▼このブログはリンクフリーです
▼よろしければランキングにご協力ください

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


にほんブログ村 犬ブログ ダルメシアンへ
にほんブログ村
▲ブログランキングに参加しとります▲
よろしくお願いします。

カットー?

最初に書いときますが、
自分のディスクスキルが、
低いことは理解してます。

なので、
「そのへんは置いといて」
っていう話しですが。


ナル(8才)を飼い始めてから、
私が会ったことのあるダルメシアンは、
50頭にも満たないのではないかと思いますが、
その中でスポーツ(何かしらの競技など)をしているダルは、
多くて10頭ほどじゃないかと思います。

その中には、
「ヒナより身体能力が高そうだな」とか、
「ナルやヒナよりスピードあるな」とか、
「ナルよりジャンプ力あるな」とか、
思うダルもいます。
※トップスピードはヒナよりナルの方が速いです。

でも、
私の“好み”も含めて、
ヒナよりバランス良く、
“私が望むディスクドッグ”としての条件を満たしたダルメシアンには、
会ったことはありません。

先にも書きましたが、
私が会ったことのあるほんの数10頭のダルの中ではですが。

動画で海外のダルのアジリティーの動画も観てますが、
やはり「このダル良いなぁ~」というのは観たことがありません。
※フリースタイルディスクのダルは海外の動画でも観たことないっす。



ヒナはディスクを投げなくても指示だけで、
この高さまでアタリマエのように跳びます
131114-1
(撮影:あさゆめさん)



なので、
ヒナとのディスクはとても楽しいです。

競技の成績は悪くても、
優越感に近いモノを感じる時も少なくありません。

そして、
ヒナは今4才。

スポーツドッグとして、
1番良い時期を迎えていると思います。

もちろん、
私はダルメシアンが好きだから、
ダルメシアンとスポーツを楽しんでいます。

そして今後も、
ヒナが第一線から退く日を迎えても、
ダルメシアンとディスクを楽しんでいくんだろう…

と、
漠然と思っていました。



まだまだ現役! ガンバル8才
ナルのこういうマジメそうに見えてマジメにやってない表情が好きです
131114-2
(撮影:あさゆめさん)



でも、
私は競技者でもあるんですよね。

競技として楽しんでいる以上、
「良い成績をとる」
「より大きな舞台で強者に挑戦したい」
というのも大きな目標なんです。

「ヒナの次のイヌ」を考えた場合、
「コイツ以上のダルメシアンに会えるのか?」という、
疑問が浮かびます。

もともと、
ダルメシアンは牧羊犬種など運動能力に特化した犬種と比べなければ、
身体能力は高い方だと思いますので、
元気で健康なダルメシアンならディスクは楽しめるでしょう。

チョット練習すれば、
大会に出れるレベルにもなれるでしょう。

しかし現時点では、
私の知る限りで最高のダルメシアンであるヒナを、
超えるダルメシアンに会えると思えないんです。

「新しいパートナーがきたら、そのコとできる範囲で楽しめばイイじゃん」とか、
批判に近いご意見が聞こえてきそうですが、
私もそう思います。

ただ、
ヒナとのディスクを経験している私にとって、
ソレが満足できるのかな? とか、
不満を抱いて続けるのは、
私だけでなくパートナーにとってもストレスだよな… など、
「次のパートナー」を考えたとき、
そんな思いが頭をよぎります。

そんなことを考えてると、
「次のパートナーはダルメシアンじゃないのかもなぁ…」
なんて思っちゃったりして、
「俺が好きなのはダルメシアンじゃなくてナルとヒナっていうイヌなのかもなぁ…」
とかも思っちゃったりして。





まぁ、
現時点でハッキリとした、
次のパートナー候補がいるワケではないですし、
それぐらいナルとヒナは私にとって特別なダルメシアンって話でした。


ただ、
子犬を見るたびに「(犬種を問わず)連れて帰りたい」という衝動にかられるのと、
1つハッキリしているのは、
次のパートナーがダルメシアンじゃなかったら「迷走!水玉野郎」は終了。

ってことですかね(笑)


にほんブログ村 犬ブログ ダルメシアンへ
にほんブログ村
▲ブログランキングに参加しとります▲
よろしくお願いします。

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。