迷走!水玉野郎3.0



▼このブログについて
▼海外に愛犬を連れて行く
▼このブログを楽しんでいただくために
▼このブログの管理者に連絡とりたい方
▼このブログはリンクフリーです
▼よろしければランキングにご協力ください

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


にほんブログ村 犬ブログ ダルメシアンへ
にほんブログ村
▲ブログランキングに参加しとります▲
よろしくお願いします。

アルカディア号車検に行く

ということで、
チョコチョコとイジっている我が家のアルカディア号(ハイエース)ですが、
もうオトナなので、
ハリボテ(無駄な大音量マフラーとか余計なモニター&オーディオ等)を作る気も無いし、
車検(道路運送車両法)対応でイジってたんだけど、
ディーラーさんが、
「構造変更申請した方が良い」というのですることにしました。


正確には「記載変更」程度かな?

車高を落としているので車検証の「高さ」の記載を変更してもらいます



今までは、
「ギリギリ誤差の範囲内」だった車高を計り直して、
現在の高さになるので、
「車検証どおり」の車高になります。


ということで、
構造変更申請するには、
車重とか計り直すので、
荷物を乗せたままだと重量税の区分が上がっちゃう可能性があるので、
ベッドとか床板等の装備品、
クレート等のイヌ用荷物、
イスやテーブル等の常備アウトドア用品、
等々を下ろしてディーラーさんへ。

荷物降ろしたら、
スンゴイ軽くなった(笑)


んで、
ディーラーさんで、
代車を借りて乗り換えて帰るんですが、
営業さんが、
「あちらが代車です」と指した先には、
街でよく見かける営業車っぽい車がありまして、
鍵を受け取るとナント!
スマートキーじゃありませんか!!

「今時は営業車でもスマートキーなんだねぇ… なのになんでハイエースは…」なんて思いながら、
近づいて鍵についてるアンロックのボタン押したら、
「カシャ」という音がしてドアのロックが開く音がしましたよ。



営業車の隣の高級そうなセダンから。



「???… なんで??(メダパニ)」


さらに、
どこからともなく小走りで現れたツナギ着たサービスのヒトが、
「イラッシャマセ~」と小走りのまま、
満面の笑みで私に挨拶をしながら私を抜き去り、
営業車に乗り込み走り去って行く。

「俺の代車…」と思いながら、
パニクってると、
後ろから担当してくれている営業さんが現れたので、
「あのぉ… 代車が…」と言うと、
「あっ、そこの○○(←なんて言ったか忘れたけど車名と思われる)ですよ」
こちらも満面の笑み。

どうやら、
そもそも営業車の隣の高級車っぽい車が代車らしいことをココで把握。

「スマートキー、使い方わかります?」と聞かれ、
「あっ、エスティマ乗ってたんで大丈夫だと思います…」と答えて、
運転席に乗り込みブレーキペダルを踏んで、
“エンジンスタート”ボタンを押してもエンジンがかからないい。

「あれ?」と思ってドアの向こうに立ってる営業さんを見ると、
サッとドアを開けてくれて、
営業さん「どうしました?」
yati「エンジンがかからないんですけど…」
営業さん「ブレーキ踏んでます?」
yati「はい…」
営業さん「踏んでるの、アクセルペダルですよ…」
yati「あっ…」

このあと、
サイドブレーキの位置も分からなくて聞いたりして、
とりあえず代車で帰路につくことができましたとさ。



たぶん代車に使ってるくらいだから、
それほど良い車じゃないんだろうけど、
静かで運転しやすい車でした。

なんかハンドルにたくさんボタン付いてるし。




そういえば、
普通の乗用車ってこのぐらいボリューム低くしてても、
ラジオの音ってきこえるんだよなぁ…
でも、
足廻りはアルカディア号の方がイイカンジじゃね?

なんて思いながら代車を運転してましたとさ。





にほんブログ村 犬ブログ ダルメシアンへ
にほんブログ村
▲ブログランキングに参加しとります▲
よろしくお願いします。

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。