迷走!水玉野郎3.0



▼このブログについて
▼海外に愛犬を連れて行く
▼このブログを楽しんでいただくために
▼このブログの管理者に連絡とりたい方
▼このブログはリンクフリーです
▼よろしければランキングにご協力ください

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


にほんブログ村 犬ブログ ダルメシアンへ
にほんブログ村
▲ブログランキングに参加しとります▲
よろしくお願いします。

なかなか…

暑くなってきました。

イヌもヒトも熱中症が気になる時期になってきましたね。

そんな中我が家は、
6/8(土)ピーターさん来日記念大会と、
9(日)ハイパーフライト アジア選考会に、
2日連続で参加予定っす。


ボチボチ関東は梅雨入りだそうで、
思うように練習できなくなるのが、
怖いっすね。

まぁ、
1回や2回練習したからって、
大したレベルアップが望めるワケじゃないんですが、
気持ちの問題というか。

成功率の低いトリックなんかは、
大会でルーティンに入れるか悩むんですよね。

そんなときに、
「この前の練習で1回成功したからダイジョーブ!」
みたいな(笑)

で、
本番で見事に失敗すんですけどね(涙)


なんと言いますか、
アントニオ猪木先生のお言葉をお借りするなら、
「出る前に負ける事考えるバカいるかよ… 出てけゴルァ!!」的な、
メンタル面で攻める姿勢を保つために必要なんです。

ちなみに、
この猪木の名言の直後に、
橋本「時は来た。それだけだ…」
蝶野「ププッ…」
という迷言もあったり、
試合的には猪木・坂口組が最後は猪木の延髄切りで蝶野から3カウントを取って勝つんですが、
プロレス好きにとっては世代交代を感じさせられる1戦でもありましたよね。
ついでに、
この試合のときは橋本・蝶野には帰国直後からの遺恨があったはずなのに、
その2年後(ぐらいだっけ?)まだフサフサの武藤が帰国して、
いつの間にか闘魂三銃士とかなっちゃって、
遺恨はどこ行っちゃったの?的な流れになったワケですが…




話が軽くソレましたが…



私とヒナの場合、
参加する大会にもよりますが、
優勝とか上位争いをできるポジションでもないので、
難易度高めのトリックが成功すれば、
ジャッジの評価(印象)は上がる可能性はゼロではないが、
失敗しても大して下がらんだろう。

みたいな。

なら「やっときゃイイじゃん」なんですが、
失敗すれば、
確実にキャッチ率は下がるワケで、
難易度やパフォーマンスで評価を稼げないからこそ、
確実にポイントになるキャッチ率は下げたくないんすよ。

コノヘンで躊躇が発生するんす。

ということで、
なかなか進歩が見えなくても、
大会に参加するうえで、
「攻めの姿勢」を保つためにも、
私にとって練習は必要なんです。



ってことで先週末はトレセンを使わせてもらって練習





帰宅後はイヌたちグッスリ

なんだろう? この距離感は…




ちなみに、
あの試合の後に、
今ではプロレスを知らない人でも知っている、
「1・2・3・ダァ~!」を猪木が初めてやったんですよね。
そういった意味でも日本のプロレス史に残る1戦だったんじゃないでしょうか?







にほんブログ村 犬ブログ ダルメシアンへ
にほんブログ村
▲ブログランキングに参加しとります▲
よろしくお願いします。

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。