迷走!水玉野郎3.0



▼このブログについて
▼海外に愛犬を連れて行く
▼このブログを楽しんでいただくために
▼このブログの管理者に連絡とりたい方
▼このブログはリンクフリーです
▼よろしければランキングにご協力ください

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


にほんブログ村 犬ブログ ダルメシアンへ
にほんブログ村
▲ブログランキングに参加しとります▲
よろしくお願いします。

マユツバチューン?

今日は車ネタです。

改造ネタですので…

このブログ読んで、「書いてあるとうりにしたのに、そんな効果得られないぞ!」とか、「車が壊れたじゃないか。弁償しろ!」的な苦情を言っちゃうヒトは車の改造はしないか、プロのいるお店にお願いしてくださいね。
モチロン、そんな苦情言われても私は一切責任を負いませんので、改造は100%ご自身の責任でお願いします。



という前置きしてから本文でござる。



低空飛行な我が家のアルカディア号ですが、
先日地球に近づきすぎまして…


フロントスポイラー負傷

マゾーンからの攻撃の可能性もあり




そんなアルカディア号ですが、
相変わらずチョコチョコといじってます。

すでに、
Facebookのお友だちな皆さんにはお伝え済みなんですが…


ハイエースのエンジンです

アルカディア号的に言えば、
「友(トチロー)」です。



この写真の中央やや下の、
光ってるアルミの物体。

レデューサー(マエカワエンジニアリング)です。
※詳細は検索してね。

ちなみにクワットバルブです。

正直言いまして、
サイトの説明は納得できるんですが、
パワーアップ、
燃費向上を謳ってるあたりがマユツバなイメージ。

しかし、
とても気になる。

とはいえ、
「んじゃ買ってみるか!」ってほど安くない。

だけど、
インターネットで検索する限りでは評判が良い。

「こいつら金もらってんのか?」ってぐらい皆さん高評価。
(どこまでも疑うタイプ)

こういうのは、
直接聞いちゃいましょ。

ということで、
問い合わせたら、
いろいろ説明してくれた。

そして、
納得 → ご購入。

効果ですが、
組んで試乗してみると、
走り出しがスムーズ。

“パワーアップ”っていうより、
車体が軽くなったようなイメージ。

スロットルをキープしてる間は特に変化無いけど、
走行中の加速もスムーズになりましたね。

変わったことが実感できました。

そんで、
実はコレ付けたのは1か月ほど前なんですが、
私的に1番期待してた“燃費向上”を、
確認してからブログネタにしようと思い、
ガマンしてました(笑)

ほら、
「車体が軽く」とか「加速がスムーズに…」って、
感覚的なモノなので、
プラシーボかもじゃないですか。

なんで、
ハッキリ分かる数字が出てからと思いまして。

んで、
その燃費ですが、
参考までに装着前の燃費は、
6.5~7km/1Lでしたが、
装着後は、
遠出(渋滞含む)ありの下道のみで9.2km/1L。
高速半分(GW渋滞数10km含む)下道半分で8.3km/1L。

長い渋滞無しの、
高速と街乗り半分づつぐらいで9.0km/1L。

だったかな?

メモとかしてないし、
いわゆる満タン法なので、
誤差はあると思いますが。

ガソリンいれるたびに計算してたわけじゃないですが、
計算した中では過去(レデューサー装着前)最高で7.5km/1Lぐらいだったので、
ハッキリと「効果が出てる」と言って良いかなと。

「ハイエースがもうちょっと燃費良ければなぁ…」
という方にはオススメな気がしますが、
そもそも、
パワーアップ目的のチューンアップパーツとして販売されてるみたいだし、
この“スムーズになった感”が楽しくなっちゃうので、
ガンガン踏みたくなっちゃうので、
ガンガン踏んじゃうヒトは、
さらに燃費悪くなると思います。

ついでに、
デメリットとして、
エンジンブレーキがほとんど効かなくなりますので、
オートマ的な運転するヒトは、
追突注意になると思います。

なので、
シャコタン+プロポーショニングバルブ未調整だったりして、
車間短めな運転するヒトだと、
信号で減速するたびにABSが働いちゃったりするかもです(笑)

ので、
「絶対オススメ!」ってほどではないですが、
エコな安全運転の方なら、
燃費向上に役立つパーツだと思います。

というお話しでした。


ちなみに、
我が家のアルカディア号は、
2000ccのガソリン(3型前期)です。

作業は、
こういうのに慣れてない方でも1時間はかからないと思います。
(慣れてる方なら15分程度かと)
難易度も低めですが、
デフォルトで付いてる純正パーツを切断する必要があります。
また、
熱を持つ部分でもありますので、
車の使い方によっては内部に水蒸気が発生して水滴になる可能性があります。
ということは、
真冬にソレを放置すれば氷になっちゃう可能性があるワケで、
最悪の状況を考えると、
氷が弁を塞ぐ → 故障という残念パターンがあり得るワケです。
可能性としてはかなり低いと思いますが。
そんな対策もある程度必要になると思いますので、
自信の無い方は、
信頼できるプロのいるショップにお願いすることを強くオススメします。

たぶん、
お店に作業を依頼しても工賃は数1000円です。

ただ、
エンジンの補器類にあたる部品ですので、
車が壊れたら修理代は高額になる可能性が高いです。

もう一度書きます。

自己責任で解決できる方のみ、ご自分で作業してくださいね。



にほんブログ村 犬ブログ ダルメシアンへ
にほんブログ村
▲ブログランキングに参加しとります▲
よろしくお願いします。

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。