迷走!水玉野郎3.0



▼このブログについて
▼海外に愛犬を連れて行く
▼このブログを楽しんでいただくために
▼このブログの管理者に連絡とりたい方
▼このブログはリンクフリーです
▼よろしければランキングにご協力ください

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


にほんブログ村 犬ブログ ダルメシアンへ
にほんブログ村
▲ブログランキングに参加しとります▲
よろしくお願いします。

年明け早々に…

2012年になりましたね。

今年もよろしくお願いします。

さて、
年末年始といっても、
とりたててそんな感じのムードもなかった我が家。

「長めの連休」って感じですごして、
私も明日から仕事です。

んで、
8日に大会なんで元旦から毎日練習。

yu-ki(相方)は3日から仕事なので、
昨日と今日は私1人で2頭連れて練習しに行ってたワケなんですが、
今日はハリキッテ8:00すぎに家を出て練習へ。

しばらく投げ練して体温めてから、
ナルとボール投げ。

んで、
ヒナとフリーの練習を始めて、
「そろそろ1回休憩を入れようかな?」
なんて思ってたときに…

トリックスローのパッシング走らせてて、
体を左側にヒネリながら(振り向く感じ)ショルダースロー(右肩の上からディスクを投げ出す感じ)でディスクを出したときに、
力みすぎたみたいでディスクが右に流れまして。

そのときに、
視線がディスクを追っちゃうので、
体はリリース後のフォロースルーで左側に回転しようとしてるのに、
右に流れたディスクを視線が追っているので、
上半身は急ブレーキがかかった状態になっちゃったんですね。

ということで、
ミススローを「あっ、やっちまった!」と思った瞬間、
背中から尻にかけて、
電気ショックというか、
腰の辺りを突き飛ばされたような痛みを感じ、
グラウンドにヨツンバイになったまま立ち上がれなくなりました。

とりあえず、
ヒナがフリーな状態なので呼び寄せて、
這うようにして車まで戻り、
ヒナを車載のクレートへ誘導。

「ジマンできるホドのシツケしてないけど、あるていどシツケしといて良かった」
と思いましたね。 ホントに。(苦笑)

でも、
「コレがナルなら散らばったディスクの回収もさせられたのに…」
とも思いました。(自爆)


そんでもって、
どうにか荷物も車に積み、
知り合いの柔道整復士さんに連絡。

yati:
「ギックリ腰っぽいんだけど明日から仕事で週末大会で、
 翌週はテレビの収録でディスク投げるんだけど… なんとかして。」

柔道整復士さん:
「まぁ、どれか諦めなきゃイカンと思うがとりあえず来て」

ってことで、
『都立家政駅前接骨院』へ。

昨年は、
ヒザや首を傷めたときも診てもらってて、
若いんだけどとにかくウデの良い先生です。

んで、
診察の結果は、
仙腸関節(シリのワレメの上辺りの骨と腰骨の間接)の腱の損傷と、
腰の辺りにある「ナントカマク(腰の辺り一帯の筋肉をカバーしてる板状のデッカイ腱?だったかな?)」が一部ペロッと剥がれた状態。
(ちゃんと説明してもらったんですが、私には説明できないので正確にはチョット違うかもだけど、だいたいそんな感じ)

とのこと。


んで、
その後の治療がスゴイのよ! 奥さん!!

腰をかがめたまま、
チョコチョコと歩くことしかできなかったのに、
1時間ほどの治療で体伸ばして歩けるほどに!

ただ、
「損傷が治ってるワケじゃないからね。損傷したことが原因で周りの筋肉とかが緊張しちゃってるのをほぐしただけだから、勘違いしないように」
とのこと。


そして、


柔道整復士さん:
「とりあえず、今日はテーピングでガッチリ固めとくから」

「んで、週末の大会は『コレはどうしても』って大会?」

yati:
「いや、それほど特別な大会じゃないので無理はしないようにするっす。なんで?」

柔道整復士さん:
「『どうしても大会出る』って言うなら、当日会場に行ってテーピングしてあげようかと思って」

という、
自らがスポーツマンであり、
選手が大事な場面では故障を承知で無理してしまうことを理解し、
ソレを可能な限りサポートしてくれようとする先生です。


そして今こんな状態



とりあえず、
「可能な限り安静に」
とのことで、
色々注意事項・回復を早めるために心がけること等を、
聞いて帰ってきましたとさ。

ん~… コリャ 8日のフリーは絶望的かもな…



にほんブログ村 犬ブログ ダルメシアンへ
にほんブログ村
▲ブログランキングに参加しとります▲
よろしくお願いします。

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

>D子さん
ありがとうございます。
ディスクはイヌとディスクと適当な広さの原っぱがあれば始められますが、競技にしようとすると、イヌよりもプレーヤーの技術が多く求められる競技だと思います。
たぶん、「イヌの差」なんて大した問題じゃなくて、ディスク競技で勝敗を左右するホトンドは「プレーヤーのレベル」だと思ってます。

>yukiさん
日曜日はありがとうございました!
50mはチーチーに完敗でしたね。
次回、リベンジ!!

>B&Pさん
今年もよろしくお願いします!
大会出場は見送りました。(涙)
ディスクの神様が「休暇」をくれたのなら良いのですが、「追放」じゃないことを祈ります。(苦笑)

>マイさん
まぁ、私自身がそろそろ「無理のきかない年齢」になってきてるのもたしかですが、今回の負傷の原因は年齢に関係無く、運動をしていれば誰にでも起きる可能性のある事故でした。
しかも、なぜ事故がおきるのかを理解できていれば未然に防ぐことができるモノでした。
なので、「どんな状況で負傷したのか?」という原因まで書かせてもらいました。

yati | URL | 2012年01月10日(Tue)14:59 [EDIT]


あらまっ(*_*)

しばらくぶりにブログを拝見したらとんでもない
事件が起きていたんですね。yatiさんももう
若くないって事ですね(笑)是非御身体を大切に
趣味に勤しんで下さいませ(#^.^#)

マイ | URL | 2012年01月10日(Tue)06:22 [EDIT]


無理しないで!

大丈夫ですかっ!?腰の具合は・・・今日は8日ですが、まさか出場したってことはないですよね?

「こうでもしないとyatiは休まないから」ってことで、ディスクの神様がムリヤリ休暇をくれたのかと思いますので、この機会にたっぷり休んでイメージトレーニング&妄想に時間を費やしてみてはいかがでしょうか?(笑)
今年もどうぞよろしくお願いいたします!シッカリ充電して益々の活躍を期待しています!

B&P | URL | 2012年01月08日(Sun)21:27 [EDIT]


大丈夫?

早く治るといいですね~~

お大事に。。。

yuki | URL | 2012年01月06日(Fri)15:04 [EDIT]


この前のシュミレーションを見学していて
ディスクを投げるって、テクニックと鍛錬が必要なんだ
って理解して帰ってきたのでしたが。

まだ痛みますか?

治るまでじっとしているのは難しいでしょうけれど
どうぞお大事にm(_ _)m

D子 | URL | 2012年01月06日(Fri)10:08 [EDIT]


 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。