迷走!水玉野郎3.0



▼このブログについて
▼海外に愛犬を連れて行く
▼このブログを楽しんでいただくために
▼このブログの管理者に連絡とりたい方
▼このブログはリンクフリーです
▼よろしければランキングにご協力ください

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


にほんブログ村 犬ブログ ダルメシアンへ
にほんブログ村
▲ブログランキングに参加しとります▲
よろしくお願いします。

あしたのために(その1)

ということで、
始めましょう。

「ダルメシアンでディスクにチャレンジしてみる」

最初におことわりしておくのは、“道は1本じゃない”ってことです。

これから書くことは、私がナルとヒナと接してきた経験よるもので、極端なコト言えば、
「他のイヌにはあてはまらないかも」ってことです。

ただ、幸か不幸か「やたらテンションの低いナル」「やたらテンションの高いヒナ」という両極端なダルメシアン2頭とディスクを楽しんでいるのでどちらのメンドクサさもある程度理解してる。ってことでしょうか。

なので、このカテゴリで書くことはディスクに興味をお持ちのダル飼いさんが「このやり方、ウチのダルにイケるかも」って思ったとこだけつまんでもらえればと思います。

というやや長めの前置きをしてから本題です。


まず大事なのは、
「ヒト(飼い主)と遊ぶ」
ってことだと思います。

『あしたのために(その1)』は、
・ディスクで引っ張りっこできる
です。

ベストは、
・引っ張りっこしながらディスクを振り回すとテンション上がって唸る
ぐらいで良いと思います。

テンションの高いダルなら、
ディスクをちらつかせるだけで、
パクッときて、
この『あしたのために(その1)』はクリアだと思います。

テンションの低いダル、
ディスクに興味をもたないダルは…

とりあえず、
・飼い主がイヌ無視してイヌの前で、
 異常にテンション揚げてディスクで遊んでみる
 (なるべく人目に付かない場所でやることをおススメします)


ソレでダメなら、
・イヌの鼻の前にディスクを出して、
 ササッと動かしチョットでも反応したらオヤツ

コレ(↑)を繰り返して、
ディスクに反応すると良いコトある
と刷り込んでみる。

ディスクが上手く行かない場合は、
タオルや軍手・靴下等、
イヌの食いついてくるモノから始めて、
ナイロンや布製のディスク → やわらかい素材のディスク…

と段階を踏んでみるのもアリだと思います。

アナタがディスクをやらせようとしてるイヌはダルなんです。
ソレを忘れちゃダメです。

それこそ、
ラブラドールやボーダーコリーが3時間で覚えられることなら、
ダルは3か月あれば覚えられる。

ぐらいに思っててください。

ダルメシアンとドッグスポーツを楽しむのに1番大事なのは、
愛犬の運動能力でもテンションの高さでもなく、
飼い主の折れない心です。

とにかく、
第一段階の目標は、
最終的にディスクで引っ張りっこできる
です。

ディスクがあればいつでも引っ張りっこできる。

コレができれば『あしたのために(その1)』クリアです。


ディスクや他のドッグスポーツを愛犬と楽しむって…

コレは私の考えなんですけどね。
基本的なオビディエンス(しつけ)って必要不可欠だと思うんですが、例えばシッカリしつけされててドッグランとかでフリーで他のイヌと遊んでるときでも呼び戻しができる。ってのと、とらえ方によっては違ってくると思うんです。

違いは、
「呼ばれたから(指示されて)戻る」んじゃなくて、「遊びたいから(自主的に)戻る」ってトコロ。
だと思ってます。

根っこは、「ナニよりも飼い主が1番!」ってコトにするって意味では一緒なんですけどね。



ということで、
次回『あしたのために(その2)』ですが、
ソッコーで(その1)がクリアできちゃったら、

・銜えてるディスクを放させてみる

・ディスクを銜える&放すにコマンドをつけてみる

なんて遊びをしてみてください。

ちなみに我が家は、
・落ちてるディスクや手に持ってるディスク(飛んで無い状態)を銜えさえる
 →「テイク」

・銜えてるディスクを放す
 →「ドロップ」

というコマンドを使ってます。

とりあえず、ご意見・ご質問等も受け付けます。コメントやメール等でご連絡ください。
ただ、何度も書いてますが私自身が大した経験値を持ってるワケでもありませんし、訓練士やトレーナーなワケでもありませんので、決してこのブログで書いてることや、私の考え方が正解なワケではありません。
なので、『お悩み解決します』というのは無理かもですが、「一緒に解決策を考えます」というスタンスぐらいでよろしければお答えできるかもですので、お気軽にコメント等いただければと思います。
(難しそうなのは「プロに相談してください」というお答えになると思われます…)



にほんブログ村 犬ブログ ダルメシアンへ
にほんブログ村
▲ブログランキングに参加しとります▲
よろしくお願いします。

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

>yukiさん
ぜひぜひ。

>B&Pさん
ナルとは楽しくプレーできますので、私のプレースタイルに合ってるのはナルなんじゃないかと思います。ヒナは、怪我させないように気を使います。
でも、ヒナはナルと違った楽しみがあります。
「勝てるイヌ」となると、そのうち、ナルではなくヒナになるかもです。(なんとなく寂しい…)

yati | URL | 2011年04月18日(Mon)14:56 [EDIT]


テンションについて考える・・・

yatiさんの感じるところ”やたらテンションの低いナルくん”と”やたらテンションの高いヒナちゃん”とではどちらが自分の(理想とする)プレースタイルに合っていると思われますか?

私の持つ犬の理想は”常にテンション(緊張)の低い犬”なのですが、一緒にスポーツするとなると緊張の度合いが高い犬(緊張が興奮に変わりやすい犬は特に)とプレーするのはものすごく神経を使うんじゃないかと思うのですが、ヒナちゃんとプレーする時に心がけてる事とか、教えて欲しいです。

B&P | URL | 2011年04月15日(Fri)15:37 [EDIT]


おぉーー

やってみますv-410

yuki | URL | 2011年04月14日(Thu)15:04 [EDIT]


 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。