迷走!水玉野郎3.0



▼このブログについて
▼海外に愛犬を連れて行く
▼このブログを楽しんでいただくために
▼このブログの管理者に連絡とりたい方
▼このブログはリンクフリーです
▼よろしければランキングにご協力ください

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


にほんブログ村 犬ブログ ダルメシアンへ
にほんブログ村
▲ブログランキングに参加しとります▲
よろしくお願いします。

Decision

チョット今日は長くなるかもです。

このブログを読んでくれてる皆さんに、
全てをご理解いただけるように書けるかワカリマセン。

しかし、
色々悩んだ末の決断でした。


今日はコイツ↓の話し
100622-1


何度か書いてますが、
私がHINAを迎えるにあたり、
「2頭目の条件」がありました。

・アニーの子どもであること
・♀
・小柄
・欲が強い

みごとにソレを満たしていたのが、
ヒナでした。

もともと、
♀を迎えても我が家で繁殖をさせるつもりは一切ありませんでした。

というか、
私は基本的に素人の繁殖は反対ですから。
正確には『素人』というか、
「ウチのコの子どもが欲しい」的な繁殖に絶対反対。

繁殖させるなら、
意味のある繁殖をさせるべき。

というのを踏まえ…

正直に言いまして、
ヒナを迎えてから、
ずっとヒナの繁殖を考えてました。

モチロン、
理由は「ヒナの子どもが見たい」なんてモノではありません。
「ヒナの母親、アニーのDNAを残したい」
というのが繁殖させたい理由。

以前このブログでも書いたかもしれませんが、
ヒナの母親はショーラインのブリードで生まれた、
美しいショータイプのダルメシアン。
そして、国内唯一のJKCグランドアジリティーチャンピオン。

ヒナの同胎で♀は2頭。
同胎の中ではたぶん1番欲が強いです。

シッカリとしたショーライン同士の、
アウトブリードで生まれた子犬の中で、
1番スポーツに向いている個体。

ソレがヒナなんです。

ダルメシアンにハマり、
ダルメシアンとスポーツする私にとって、
条件的に言えば、
ヒナ以上のダルメシアンはこの世に存在しないんです。

この血統を残したい!

ヒナにディスクを教えながら、
ドンドン吸収してゆくヒナを見ていて、
その気持ちは日々強くなりました。

自分の考えと矛盾している部分があることは、
理解していました。


ただ、
私にとっての最高のダルメシアンは、
言い換えれば、
「最も家庭犬に向いていないダルメシアン」
とも言えるワケで。

そして、
牧羊犬種がメインのドッグスポーツ界。
チョット冷静になれば、
ドッグスポーツを楽しむために、
わざわざダルメシアンを選ぶヒトがどれだけいるんだよ?

と思うわけですよ。

しかも、
1回のお産で10頭生まれるの珍しくないダルメシアン。

いくらドッグスポーツに向いた個体とはいえ、
ただでさえ、
獣医師と訓練士に嫌われてるイヌとか、
訓練性が低いとか言われてる犬種。

ドッグスポーツを楽しむために、
わざわざ準備されているイバラの道を、
歩きたがるドMがどれだけいるんだよ?

と考えると、
ヒナを繁殖させること。
一般的には望まれないダルメシアンを、
作出することは、
「ヒナの体にも負担がかかるわけだし、
 コリャ、ただの飼い主のエゴなのかもしれん」

しかも、
「そういうスポーツに向いてる個体を残すための、
 ♂ダルなんか(血縁関係以外に)いないじゃん」

と思うようになりました。

そして、
このモヤモヤを払拭するために、
当初の予定どおり、
ヒナを避妊手術してもらうと決断しました。


カナリくだらない前置きが長くなりましたが…

ナルが我が家にやってきたときから、
お世話になっているかかりつけの病院で、
6/19に院長先生に手術していただきました。

院長先生曰く、
「サッカー観たいからササッと終わらせましょう!」
とのこと。(笑)

とはいえ、
関西圏からも先生に手術してもらうために、
患者さんが来るほどの腕前ですから。
手抜きは一切ありません。

ヒナの卵巣摘出手術の様子です。
↓内臓とか苦手なヒトはスルーしてください。
100622-2
写真をクリックすると拡大表示します。※グロ注意


無事手術終了。
かん子(ペアンとか言うんだっけ?)を広げて、
示しているところが手術痕。
100622-3
写真をクリックすると拡大表示します。※ややグロ注意

ご覧のとおり、
とてもキレイで小さいです。

うん。
コレで良かったんだ。




1つモヤモヤが消えました…




「オマエも悩むことがあるんだねぇ…」
と思ったアナタ!
▼CLICK!!▼


にほんブログ村 犬ブログ ダルメシアンへ
にほんブログ村
▲ブログランキングに参加しとります▲
よろしくお願いします。

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

>はる'sかあちゃんさん
はい。ヒナはサッパリ安静になんかしてませんでしたよ(笑)
そうそう、アレ、たぶん長毛用です。
“たぶん”というのも、実はサンプル的にいただいたものなんです。
でも、ナルヒナ共に問題無く写真のとおりでした。
最近ではヒナも気持ちヨサゲにブラッシングされてます。
いただいたものなので、宣伝のお手伝いと思って、ブログに書いたのですが、書いたことは全て事実です。

yati | URL | 2010年06月29日(Tue)14:30 [EDIT]


かわゆいヒナちゃんのアップではじまるヒナちゃんのお話ってナニナニ?♪
って思ってたら、そういうことだったんですね。
経過はいかがですか?
止まると死んじゃうかもしれないヒナちゃんに
安静~は至難の業かもしれませんねぇ^m^
 
わが家のガン黒ダルは1才ちょいの時の初ヒートから
去年、4年ぶりにやってきたヒートに大騒ぎしてました。--;
飼い主も翻弄され、避妊のきっかけを逃しちゃってます。
 
ところで、以前UPされてた『スグレモノ』に興味津々です。
ナル君ヒナちゃんのそれは長毛用みたいですよね。
短毛ダルもOKなんですね?

はる'sかあちゃん | URL | 2010年06月26日(Sat)07:53 [EDIT]


>みみさん
これでちゃんと縫ってあるんですよ。スゴイでしょ?
私は、そんなダル飼い歴が長いわけでもないので正確なところはワカリマセンが、たぶんヒナのほうがダルメシアンらしいと思います。

>しゅっぽっぽさん
ヒナも全然静かになんかしていませんね… orz
そうですよね、1番大事な事は何かを残すことではなく今ある命を大切ににすることですよね。

>darsさん
はい。じっとなんかしてません。コレッポッチも。
体力的にも避妊することで変わってきますかね?
うん、楽しみです。
ちょっと前向きになれました。

>yukiさん
チーさん、ヤンチャ坊主になってますか?(笑)
まだまだ遠慮がちだったチーさんにしか会っていないので、今のチーさんにぜひ会いたいです!
ヒナは順調に回復しております。

yati | URL | 2010年06月23日(Wed)14:33 [EDIT]


若いから~

回復は早いかな~

術後お大事にね。
チーも去勢したら~静かになるかなぁ~

yuki | URL | 2010年06月23日(Wed)12:23 [EDIT]


うちは飼い主の独断で避妊しなかったのですが
8歳でも生理後の管理を油断すると乳が出る!!
群れで多産で子育てをする為、分け乳を記憶してんだわ。
ダルは血統的に原種に近く母性が強い犬種らしい。
ですから、婦人病やスポーツの体力やメンタル面で
yatiさんの選択は、まちがいでなかったと思います。
ヒナちゃん
傷が落ち着くまでじっと・・してないよなあ!

dars | URL | 2010年06月22日(Tue)23:23 [EDIT]


ふぁーふぁーも明後日抜糸です。
安静なんて程遠いふぁーふぁーですが・・・

ヒナちゃんの事を考えれば避妊手術は当然だと思います。
梅雨なので外に出れなくて丁度いいんじゃないですか(笑)

しゅっぽっぽ | URL | 2010年06月22日(Tue)20:25 [EDIT]


手術の様子!絶対みたい!!!
すごい見たいのにぽちのときは見させてもらえなかった。
見たいとも頼まなかったけども。
卵巣って小さいんですねー。ひなぼでもこんなに小さいのか。
手術跡すごいきれいですね!縫ってないんですか??

ひなぼの繁殖を考えていただなんて~~~
読んでるうちに色々と妄想が広がっちゃったじゃないですかー
もう~

で、なるくんとひなちゃんは、どっちのほうが本当の(?)
ダルメシアンっぽいんですか?

みみ | URL | 2010年06月22日(Tue)14:47 [EDIT]


 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。