迷走!水玉野郎3.0



▼このブログについて
▼海外に愛犬を連れて行く
▼このブログを楽しんでいただくために
▼このブログの管理者に連絡とりたい方
▼このブログはリンクフリーです
▼よろしければランキングにご協力ください

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


にほんブログ村 犬ブログ ダルメシアンへ
にほんブログ村
▲ブログランキングに参加しとります▲
よろしくお願いします。

「競技会(大会)」に出てみよう!(その2)と、イベント出演のお知らせ

このところ多めに書いている、「一緒にディスクやりませんか?」ってネタですが、誤解を招くといけないのでページのトップ部分に一文追加しました。
読んでね。


ということで、
昨日のネタに新たにご質問をいただきましたので、
お返事したいと思うのですが、その前に…

お知らせが1つです。

100312-1
画像をクリックすると別窓で拡大します。


チョット前にチラッと書きましたが、
久しぶり(1年ぶりぐらいかな?)にイベントでディスクの、
デモンストレーションをやらせていただきます。

場所はもう何度目かのTVKハウジングプラザ横浜

上の画像では、
3/27(SUN)となっていますが…
正確には3/27(SAT)です。(笑)
時間は11:00~ と 14:00~ の2回
ついでに午後のプログラムは14:00~に変更になるそうです。
(私がもらったのは初稿のデータなんだと思います)

今回は、
大型・超大型犬たちとのふれあいコーナーは無いそうですが、
そのかわりに私とナルのデモ以外に、
プリティバニちゃんの○○ショー(まだ秘密)があったり、
インストラクターによる愛犬しつけ教室なんてのもあったりするそうですよ。
(しつけ教室は当日何かお手伝いするかもですが細かいこと聞いてません…)
さらにさらに、
私とナルだけではディスクドッグのカッコ良さが伝わらないかもなので、
私が個人的に“あるチーム”に出演オファー中です。
(イベンターさんの許可を得て…ですが)

ロゼ&ディルパパさんチーム、ディル&ロゼママさんチームが、
一緒に出演してくれることになりました!
ロゼさんのテクニック、ディルさんのスピード、ナルの高さ。
3チーム3様のフリーフライトをお楽しみいただけます。
(ナルがフラフラして違った意味の3チーム3様のフリーフライトになるかもですが…)


ということで、
ディスクあり、アジあり、しつけ教室ありで、
さらにイベントで使う時以外は会場がドッグランとして使えますので、
お時間のある方、ぜひぜひ遊びに来てください。

私は終日会場付近をフラフラしてるので、
見つけて話しかけていただけたら嬉しいです。
私のレベルですので大したお話しはできませんが、
初心者レベルの方であれば何かアドバイスもできるかもしれません。
(できるのか? 俺が人様にアドヴァイスできるのか??)
お気軽に声をかけてください。


では、今日の本題。

コート内のポイントエリア等の境界線は、コーンが置いてあるようですが、それだけが目印でしょうか?
一部写真に白線が見えますが、もし白線が引いてあるのでしたら、白線は食用の粉でしょうか?


たぶんこの写真のカラーコーンのことですよね?
100311-3


このカラーコーンは、
スローライン上のスローイングエリア(9m)のところに置かれています。
それ以外は各ポイントエリアの境界線に置かれていますが、
コートの端っこですのでイヌが走る邪魔にはならないと思います。

また、
コート上にはスローライン、各ポイントエリア、コートの境界線を示す、
白線がイヌがクチにしても害が無いように小麦粉で引かれています。

といういことで、
この白線はよほど大量にクチに入れなければ、
イヌのカラダにもヒトのカラダにも問題ありません。

そう、問題無いように小麦粉なんですが…

逆にコレを食べてしまって、
競技に集中できなくなっちゃうイヌが多くはありませんが、
少なからずいます。

特に雨天&雨上がりなど、
地面が濡れているといい具合に練り上げられ、
ペースト状になり、
通称「お好み焼き」と呼ばれます。
イヌは粉状のときより好んで食すようです。


ルールに「ロングリードを持った誘導は無効、あくまでも逃走防止として…」とありますが、何かの理由でリードを持った場合のペナルティはどうなるのでしょうか?


コレはルールとしてそうなっていれば、
ペナルティはその誘導したスローに関して無効(0ポイント)ということだと思います。

ただ、
私が観戦している限りだと、
グイグイ引っ張っての強引な誘導でなければ、
(例えば軽くショックを入れるとか、走り去ろうとする時にリードを踏んで止める等)
そのへんはジャッジの方の判断にゆだねられるようです。
ロングリードを押さえる姿はよく見かけますがソレが、
『無効』とジャッジされるところはホトンド見たことがありません。
前回も書きましたが、
“ディスクドッグへの入り口”として置かれてるカテゴリだと思いますので、
そのへんは「完全にルールに則った厳格なジャッジ」ではないのではないでしょか。


会場にテントを張らせて頂く場合は有料でしょうか?
その場合、申し込み時に申請するのでしょうか?
観戦のみの場合でもテントを張らせてもらうことは可能でしょうか?


これも、会場や競技団体によって違いはあるでしょうが、
HJCの秋が瀬定例大会ではテント(タープ)を張る際の、
申請や費用は発生しません。
テント(タープ)を張る場所は早い者勝ちです。
なので、
観戦のみでも問題は無いと思います。


競技中の犬との接触(褒める、鼓舞する(?)、気合を入れる(笑)など)に制限はありますか?
ある場合、この行為に対するどのようなペナルティがありますか?


たしか、
スローラインから出たイヌが獲物を持って帰ってきて、
スローイングエリア内に獲物とアシ4本が全て入る前にイヌや獲物への接触は、
そのスローに関してポイントが無効になるはずです。
(「ドッグファール」とか言ったと思う)

なんですが、
スローイングエリア内で、
気合を入れる、獲物で引っ張りっこしてテンションを上げる等は、
問題無いと思います。

私も、ヒナとレトリーブに出てますが、
戻ってきたヒナにすぐにドロップさせずに、
くわえてるディスクで引っ張りっこして、
「ディスクをyatiのところまで持っていく」
     ↓
「引っ張りっこして遊べる」(楽しいことが起こる)
という方程式をヒナに教えていますが、
ペナルティを与えられたことはありません。

まぁ、無いと思いますが…

『気合を入れるため』でも、
愛犬家たちが集まっている場所ですので、
「殴る」「蹴る」などは控えたほうが良いかもです。(笑)

また、
獲物を投げた後、
スローイングエリアからコートに出て、
イヌのそばまで行って声をかける・踊る・一緒に走る等は、
okです。

ただ、
獲物を投げるときにスローイングエリアから出てしまうと、
フットフォルト(だったかな?)となり、
そのスローは無効と判定されます。


“yati、ヒナを誘導してコート内を走る”の図100312-2
201001HJC秋が瀬@撮影:あさゆめさん


私、
カレーライスと同じぐらい、
プロレスが好きなんですが…


アントニオ猪木がプロレスを引退するときに、
100312-3
って言ってました。


そして、
100312-4
と続けました。



なので、
ナルがディスクを引退する日が来るまで、
私はナルと踏み出したこの道で挑戦を続けたいと思ってます。





一緒に、踏み出してみません?




「オマエと踏み出すのはチョット…」
と思ったアナタ!
▼CLICK!!▼


にほんブログ村 犬ブログ ダルメシアンへ
にほんブログ村
▲ブログランキングに参加しとります▲
よろしくお願いします。

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

>B&Pさん
女の子だったんですね…
実際に会ったこともあるのに…
名前のイメージだけで男の子だと思い込んでました。
失礼しました。
マーシーちゃん、ディスク競技か、訓練競技かは判断できるんじゃないでしょうか?
モチロン“慣れ”は必要でしょうが。
ナルもディスタンスのときはちゃんとディスクをくわえて私のもとまで戻ってきますが、フリーフライトのときはキャッチしたディスクをその場で捨てて帰ってきます。
状況により、「持ち帰るべきか?」を判断しているのだと思うのは親バカなのでしょうか?

yati | URL | 2010年03月17日(Wed)13:56 [EDIT]


訓練競技会に出ていると言っても、私達コンビの場合皆さんが言っているような立派なものではなく、3歳なのに初心者クラスですし、幼稚園のお遊戯レベルですから・・・それでも、やってる本人大真面目です(笑)

「持来」を教えていますが、マーシーの場合自分の判断で行動する衝動を抑える一環で教えていますので、リトリーブ競技に参加する場合、「持来」ではダメな行動もリトリーブ競技では必要な動きになると思われ・・・マーシーの場合、その部分を許可してしまうと混乱してしまうし、いざ持来に戻すため矯正するとなるとまた混乱するだろうし・・・なんて理由から思案しているところです(わかり辛い文章ですみません(苦))

あ、マーシーはこんな乱暴者ですが、女です(爆)

B&P | URL | 2010年03月16日(Tue)10:19 [EDIT]


>B&Pさん
『静』の訓練競技、『動』のアジ、ディスクって感じですからね。
言ってしまえば、ダンベルもディスクも「持来」なんですけどねぇ。
実はマーシー君の訓練競技会もコッソリと見に行きたい私です。

yati | URL | 2010年03月15日(Mon)14:16 [EDIT]


またまた詳しい解説、ありがとうございます!

”犬のそばまで行って踊る”がOKと聞いてホッとしました、活路が見出せた気がします(爆)

参戦するならば、最初は当日のコンディション(人も犬も)作りに時間がかかると思われ、前もって予備知識があると余分な心配がいらないので、このような情報をいただけるとすごく助かります!

私達は、訓練競技会向けの”正統派持来(笑)”で立ち向かう予定ですが、イメージ的には弓道とアーチェリーくらいの違いがあるように思われます(笑)

言うならば、アントニオ猪木VSモハメド・アリとの一戦を見た時のような、もどかしさや苛立ちに似たような感情が沸くかもしれませんが、何とかその日が来るまでにイイ感じに融合させたいと思っています。

また何かありましたら質問させてくださいね、どうぞよろしくお願いします!

B&P | URL | 2010年03月12日(Fri)22:51 [EDIT]


 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。