迷走!水玉野郎3.0



▼このブログについて
▼海外に愛犬を連れて行く
▼このブログを楽しんでいただくために
▼このブログの管理者に連絡とりたい方
▼このブログはリンクフリーです
▼よろしければランキングにご協力ください

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


にほんブログ村 犬ブログ ダルメシアンへ
にほんブログ村
▲ブログランキングに参加しとります▲
よろしくお願いします。

オッサンになってもヒーロー好き

今日は、ちょっと私用があり、仕事を休みました。

終日、1人で行動してたので写真・動画ありません。
更に、今日もモバイルPCから更新なのでイラストもありません。
ホントにスミマセン。

んで、その用事を午前中に済まし、午後はナルと練習しようと、公園へ…

なんですが、王子全く集中せず。

「セッカク、公園まで来たのに…」

と思いながら、しょうがないから「こういう時はフリスビーやめてお散歩しましょ」ってことで、公園内をウロウロしていると、奥の方でテレビの撮影(?)らしきものを発見。

「アイドルいるかもね。野次馬行きましょ!」

とそばまで行くと… キグルミらしき影

「んっ… 子供向けの番組かな?」

更に、近づいていくと… そのキグルミらしき影の両脇に前髪だけ金髪のロンゲ、反対側はベストにナローでルーズなネクタイ… 見覚えが…

その3つの人影と向かい合うように小柄でキャシャな感じの茶髪の男子…

も… もしかして…

さぁ、もうお分かりでしょう。撮影をしてたのはこの番組


「おぉぉぉ! キバだぁぁぁ!」
(仮面ライダー大好きなんです)

残念ながらライダーはいなかったんですが、毎週見てる「ナゴさん」や「ケンゴ」や「ワタル」がいるじゃないですか!

ナルを座らせてちょっと離れた所から見ていると、撮影スタッフの人たちの後ろに赤いコート着た女性がコッチを見てる。

「あぁぁ!! アソーメグミだぁぁ!!!」

なんて、ややコーフン気味で撮影を見ていると、スタッフの皆さんが、足場みたいなモノを片付け始めた。

「アレッ、もう終わっちゃうのかな…」

と思っていると、アソーメグミのところに、ケンゴとナゴさんがやってきた。

んで、ナゼか3人がコッチ見てる…

「うっ、マズイ… 『イヌは吠えたりすると撮影のジャマだから消えれ』とか怒られるかも… 怒られる前に立ち去ろうかな… でも、もうちょっと見てたいなぁ…」

と葛藤していると、3人がコッチに向かって歩いてくる。

「ぼ… ぼく、ファンガイアじゃありません… ゴメンナサイ!」

と、謝ろうかと思ったけど、3人とも笑顔。

そうです。3人の目当ては「ダルメシアン」だったんです。

「さわっても大丈夫ですか?」
とナゴさんに聞かれた時には、すでにケンゴが私の横にしゃがみナルをナデナデ。

その後、

メグミ「吠えます?(撮影中なのを気にしてる様子)」
yati「いえ、たぶん吠えません」
メグミ「噛みます?」
yati「いえ、たぶん噛みません」

なんて、会話をしながら、アソーメグミに飛びつこうとしている女好き水玉王子を制止。

数分後、スタッフに呼ばれ3人は現場に戻って行きました。

すると、またアソーメグミが戻ってきて、

「3カットお休みだから…」

とケータイでナルをパシャパシャと撮影。
どうやら、ナルのオッドアイを撮りたかったみたいです。

「撮れたぁ!どうですか?目の色違うの分かりますかね?」
と私の横に来てケータイ見せてくれたり。
なんだか、撮影の野次馬してる人を相手に友達みたいなアソーメグミ。

ということで…

ナゴさんはマブシーぐらいのグッドルッキングガイでした。
ケンゴは普段の会話も関西弁でした。
アソーメグミはヒトナツッコイ感じの美少女でした。

生の役者さんたちを見れただけでも嬉しかったのに、まさかあんなに気さくに野次馬に話しかけてくれると思ってなかったのでかなりテンション上がりました。

「目立つイヌ飼ってて得した!」

と、ホントに思った時間でした。

ぼちぼち、ナルも宿命(さだめ)の鎖を解き放ってほしいものです。


にほんブログ村 犬ブログ ダルメシアンへ
にほんブログ村
▲ブログランキングに参加しとります▲
よろしくお願いします。

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

>Jackままさん
日曜日の朝、ナルと散歩から帰ってくるとちょうど始まるぐらいの時間なんですよ。
タレントさんたちがコッチに寄ってきたときに、
「キバですよね? 毎週見てます!」
って言ったら、顔を見合わせて「えっ!」って顔してました。(笑)
今回の内容についてこれるのは一部のオトナと小学生以下の男子だけではないでしょうか…

yati | URL | 2008年04月22日(Tue)19:30 [EDIT]


おばちゃんも仮面ライダー好きです。(笑)
私の世代は、「ウルトラマン」派と「仮面ライダー」派に分離するのですが、私はウルトラマンには疎いです。
何を隠そう・・・V3の変身ベルトを幼稚園児の頃、腰に巻いて姉のベットから飛び降りて、よく母に叱られていました。
やばい・・・妙な過去をばらしてしまった・・・
最新物には、残念ながら今一歩ついていけてないのが、「おばちゃん化」でしょうか・・・
またこの辺は、じっくり?語りましょう。パパも交えて。

Jackママ | URL | 2008年04月21日(Mon)21:59 [EDIT]


 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。