迷走!水玉野郎3.0



▼このブログについて
▼海外に愛犬を連れて行く
▼このブログを楽しんでいただくために
▼このブログの管理者に連絡とりたい方
▼このブログはリンクフリーです
▼よろしければランキングにご協力ください

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


にほんブログ村 犬ブログ ダルメシアンへ
にほんブログ村
▲ブログランキングに参加しとります▲
よろしくお願いします。

前途多難

土曜日、先生のところに行ってきたんですけどね…

何もしてません。

だって、ナルが全くヤル気ないから。
何かしたくても、何もできないです。

ナゼか、トレーニング場に行くと、ヤル気の無くなるナル。
テンションが上がっちゃうってのも違うし、ビビッてるってのも違う。
なんだか、落ち着きがなくなっちゃうんです。

ということで、今回はレポートすることがありません。

なので、チョット前に先生が言ってのですが、
アジリティ、フライボール等のドッグスポーツ、訓練競技、イヌと楽しむ競技は色々ありますが、その中でも比較的敷居の低いディスクドッグ。

たしかに、チョットした広場とディスク1枚あれば、始められます。
べつにルール知らなくても、ディスク投げられれば楽しめます。

しかし、フリースタイル(フリーフライト)を競技として楽しもうとすると、他の競技のように、おやつやご褒美のオモチャを使って教えるということはできなくなります。
競技中、イヌは1分~2分間(競技内容や団体によって差があります)止まりません。
動き続けるんです。モチロン、パートナーのヒトも。

最終的にはイヌの持来欲を強化し、ディスクを追う、キャッチする、持ち帰るということ自体を楽しませるしかないそうな。

そして、警察犬訓練士の資格も持つ先生曰く、
「イヌの持来欲を引き出すというのは訓練でも高等なレベルです」
とのこと。

一般的にディスク競技に向いてるといわれるボーダーコリーが大半を占める中で、ディスクにに向いてるとは言えないダルメシアン。更に訓練性が高いという話しも聞いたことはありません。
犬種を紹介する本には「明るく活発」と書かれています。
ナルを見てても間違ってないと思いますが、一緒に生活してると「自分勝手で、気まぐれ」という方が正しい気がします。

まぁ、気長にいきます。


にほんブログ村 犬ブログ ダルメシアンへ
にほんブログ村
▲ブログランキングに参加しとります▲
よろしくお願いします。

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

>lolochamaさん

う~ん… どうなんでしょうね…
「絶対ダメ!」って話しではないと思います。
「最終的なカタチ」としての考え方でしょうかね…
ただ、ソコまでの道のりは十人(犬)十色で良いと思います。
「ディスクドッグにボールはダメ」って人もいるし、「ボールレトリーブが基本」って人もいますしね。

yati | URL | 2008年01月29日(Tue)10:06 [EDIT]


>鍵コメさん

ありがとうございます。
はい。好きです。
他のじゃ、きっとつまらないと思います。

ジックリ、時間かけてガンバリます!

yati | URL | 2008年01月29日(Tue)09:49 [EDIT]


えっ!?
おやつダメなんですか!?

ディスクの楽しさを教える時には犬が喜ぶあらゆる手段を使っていいんじゃないでしょうか?
ろろの場合、ボールの練習も必ずおやつをあげてますが、いつの間にかおやつよりボールが好きになりましたよ。

lolochama | URL | 2008年01月29日(Tue)01:10 [EDIT]


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2008年01月28日(Mon)19:55 [EDIT]


>鍵コメさん

励ましのお言葉ありがとうございます!

そうですよね… みんな、苦労して時間かけて問題を乗り越えてレベルアップしてきてるんですよね。

ハイレベルなチームを目の当たりにすると、
「ナルならあのイヌにだって負けないはず!」
と、親バカなんでしょうが、ナルを上手くコントロールしてあげられない自分に焦り、自己嫌悪になります。

でも、師匠曰く、
「ダルメシアンはシニアクラスになっても7才ぐらいじゃ走りは衰えない」
とのことですので、まだまだ時間はタップリあります。
ゆっくり、ナルと私の歴史を作っていきたいと思ってます。

yati | URL | 2008年01月28日(Mon)10:30 [EDIT]


>youriさん

「S or M ?」
と聞かれれば「M」と答える私です。
ディスクで遊びたい私、遊ぶ気無しでウロウロする水玉王子。
放置プレーもゾクゾクします。(笑)

ナルも「なぜソコで?」っていう場面で、爆発的な集中力を見せてくれるおかげで、潜在的な可能性に期待してしまい、ソレを引き出してやることができず、自分に落胆する日々です。
ナルのパートナーとしての実力不足です。

yati | URL | 2008年01月28日(Mon)10:16 [EDIT]


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2008年01月28日(Mon)01:02 [EDIT]


自分勝手できまぐれ。
そこが魅力でもあり、難点でもありますよね~。
うちはさらに「調子に乗りやすく小心者」(笑)

ボーダーちゃんと一緒に遊ぶと、その忠実さや集中力、アイコンタクトの多さに脱帽。
ボールを追うボーダーちゃんのおしりを追う我が子(爆)
その集中力を他に生かして欲しいと願う親でございます。。。

youri | URL | 2008年01月27日(Sun)23:12 [EDIT]


 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。