迷走!水玉野郎3.0



▼このブログについて
▼海外に愛犬を連れて行く
▼このブログを楽しんでいただくために
▼このブログの管理者に連絡とりたい方
▼このブログはリンクフリーです
▼よろしければランキングにご協力ください

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


にほんブログ村 犬ブログ ダルメシアンへ
にほんブログ村
▲ブログランキングに参加しとります▲
よろしくお願いします。

芸は身を助く

今日はイヌネタっす。

「ナルは“バッタン”以外になにか芸できる?」

っていうお友だちからのメールで始まったネタです。



“バッタン”ってのは、
以前このブログでネタにした(よね?)、
コレ




「う~ん… 無いな。基本的なシツケとディスクしか教えてないし… あっ、“シンクロナイズドゴロン”がある(笑)」
ってのが私の返信。



たしか、
コレも以前ネタにした気がしますが、
“シンクロナイズドゴロン”ってのはコレ




そんな流れで、
「ユー、CMでちゃいなよ」
ってことになり…




今日からオンエアだそうです。




ダル飼いの皆さん、
芸を教えとくと、
イイコトあるかもですよ。

ドーベルマンやブルドッグとならんで、
「認知度高いけど、あまり見かけない犬種」
略して『珍犬種』ですから。

他のイヌが同じことできても、
珍犬種ってだけでお得な場合も。

“獣医と訓練士に嫌われる犬種”ってのは、
behindじゃなくてadvantageです。





にほんブログ村 犬ブログ ダルメシアンへ
にほんブログ村
▲ブログランキングに参加しとります▲
よろしくお願いします。

スポンサーサイト

いつやるの? 今でしょ!?

イヌブログなんですが、
続けて車ネタです。

今アルカディア号に装着したい部品があるんですよ。

エンジン周りの補機類なんですが、
クランクシャフトの回転ストレスを減らして、
スムーズに回転させることで、
吹け上がりを良くする。

という部品。

わかりやすく言うと、
“クランクケース内圧コントローラー”
って感じでしょうか?

いちおう、
仕事としてエンジンのオーバーホールや、
チューンアップもしてたので、
エンジンの基本的な仕組み・理屈ぐらいは把握してるつもりなので、
製造メーカーの主張してる内容は、
「理に叶ってるな」って思って、
気になってたんですが、
検索すると、
ハイエースじゃない車種や、
同様の機能の別製品も含めると、
けっこうな数のサイトやブログでのレポートも発見。

そして、
少なからず、
「加速がスムーズになった!」
とか、
「燃費が良くなった!」
という意見も発見。

「実際どうなのよ?」ってことで、
メーカーに問い合わせしたところ、
「シャシダイナモでのテストでは150ps程度のエンジンで約7馬力、モノによっては約10馬力アップの効果を出してる」
とのこと。

まぁ、
この燃費向上については、
吹け上がりが良くなるので、
発進時や、
加速時に余計にスロットルを開けなくなったから?
じゃないかと思うワケで、
たぶんコレで燃費向上するヒトは、
普段からエコな運転してるヒトだと思われます。

逆に、
「ターボの加速、チョー気持ちイー!」的なヒトは、
吹けが良いので楽しくなって、
いつもより踏んじゃって、
燃費悪くなる可能性大かと。

あと、
今時のショートストロークで高回転型のバイクで、
ブンブン回しちゃうヒトも、
ソッチ側だと思う。

んで、
私は車の運転はエコなヒトなので、
燃費向上も期待できるんですが、
仮に燃費:1km/1L向上すると、
ガソリン:1L/¥140、
現在の燃費:7km/1Lで計算して、
1km走るために20円かかるのが、
燃費:8km/1Lになると、
1kmあたり17.5円。

差額は2.5円/1km。

欲しい部品は50,000円チョイなので、
55,000円で計算して、
22,000km走ると減価償却できることになる。

そもそも、
「欲しい」と思った時点では、
燃費の向上は考えてなかったんですが、
円安が進んでるので、
原油の価格が少々下がったとしても、
原油は米$で取り引きされてるので、
国内のガソリンはもうチョット値上がりする可能性大。

となると、
減価償却までの走行距離も縮む。

経済的なお得感のオマケ付きなら買いか?
なんて思ってるですよ。

でも…
高いなぁ…

たぶん買っちゃうんだろうけど…


にほんブログ村 犬ブログ ダルメシアンへ
にほんブログ村
▲ブログランキングに参加しとります▲
よろしくお願いします。

乗り心地を良くしたい

久しぶりに車ネタっす。

まぁ、
チョコチョコといじってはいるんですけどね。

大したネタじゃないのでスルーしちゃってましたが…



例えばリヤワイパー外したり

ワイパーのモーターごと撤去しました。



今回は、
足廻りをいじって、
チョットお金もかかったのでご報告。

インターネットで調べれば、
色々情報ありますので、
そのへんの説明はある程度省いちゃいますが、
ハイエースはフロントがトーションバーで、
リヤがリーフスプリングっていうバネを使って車体を支えてます。

簡単に言っちゃうと、
トーションバーってのは鉄の棒でして、
ソレをネジって反発する力をバネにしてまして、
リーフスプリングってのは鉄板を反られてその反発をバネにしてます。

んで、
ハイエースのリヤがガツガツと突き上げるような乗り心地の悪さは、
このリーフスプリングが強いことが原因なワケですね。

そもそも、
荷物を積むように作られてる車ですからね。

グレードによって差はありますが、
内装が色々付いてるsuperGLで最大積載量が1,000kgですから、
ソレが1,000kg積んでギリギリじゃ安全に走れないので、
たぶん1,200~1,400kgぐらいは積んでも耐えられるバネが付いてるワケです。

なので、
我が家のアルカディア号みたいに、
多少車中泊仕様になってたりアウトドア用品積みっぱなしだたりして、
200~300kg程度荷物を積んでても、
バネは働きすぎちゃうワケですよ。

単純に考えれば、
「じゃぁ、柔らかいバネに変えちゃえばいいんじゃね?」
って思っちゃうかもですが、
このリーフスプリングを交換すると、
ハイエースは構造上、
改造申請をして審査を通過しないと車検がとれなくなります。

モチロン、
そういった手続きは業者さんにお任せしちぇば、
自分でやらなくてもokですし、
そういった目的のリーフスプリングも売られてるようですが…

でもね、
柔らかいバネに代えちゃうってことは、
せっかく、
1tもの荷物を運べるエンジンとボディーを持ってるのに、
ソレを支えれられる足廻りを弱くしちゃモッタイナイ。
と思っちゃうワケですよ。

まぁ、
1tも荷物を積むことは無いでしょうが…

以前少しゴツゴツ感を緩和させる方法なんてもの書きましたが、
これで少しバネの強力な部分が働きだすのを遅らせてます。

でも、
ヘルパーリーフは働いてるワケで。

1tの荷物を積んでシッカリ働けるバネを、
有効的に働かせるためには、
1tぐらい荷物を積むのがテットリバヤイんでしょうが、
ソレって無駄に荷物を積むことになり、
ナンセンスな感じですよね。

でね、
車の足廻りってのは、
基本的に車体を支えてるバネと、
そのバネの挙動を制御するショックアブソーバーって部品があるんです。

ショックアブソーバーは、
例えば走行中に車が段差を超えたときなんかに、
バネだけだとボヨンボヨンしちゃうのを、
抑える働きをしてるワケですが、
このショックアブソーバーでバネの反発を強く制御できればよくね?

となるワケですよ。

要は、
ショックアブソーバーが、
バネと一緒に縮み、
積載量が少なくて軽い車体の変わりに、
粘ってバネの反発を制御することによって、
車体を重くせずに、
仮想的に重い車体を作れるワケですよ。

ちょっと車好きッポイ言葉を使うと、
縮み側はノーマル程度の軟らかさで、
伸び側が硬いショックってのがあれば良いんじゃないかと。

で、
見つけたのが、
TWO HOTってお店が出してる、
ハイエース専用のMSダンパーっていうショックアブソーバー。



これ↓

買っちゃった(笑)




んで、
気になる乗り心地なんですが…

運転手的には、
「スゲー変わった!!」ってすぐ分かります。

助手席に乗ってるyu-kiですら実感できてたようなので、
効果はカナリデカイと言っちゃってヨサゲです。

まだ、
高速道路は走ってないんですが、
バイパスなどでそこそこスピード出してるときの安定感が、
格段に上がりました!

コレは、
同乗者よりも、
ハンドルを握ってる運転手が一番感じられると思います。

あと、
たぶん、
ご家族がいたりして、
2列目にも人を乗せることが多い方には、
オススメだと思います。

ちなみに、
かかった金額は100,000yen弱。

半額程度で買えるショックもありますし、
もっと高額な多機能なショックもありますが、
「足廻りはお金かけるなら安物は後悔するし、多機能はどうせ使わない機能もあるのでソレは無駄使い」というのが、
私の経験上の考えでして、
最低限の機能でメーカーがコダワッテ作ってそうなモノ。

みたいのがベストだと思ってます。

なので、
ハイエースみたいに専用パーツが多く販売されてて、
専門ショップがあるような車種なら、
そういったショップが出してるオリジナルはヨサゲが多いイメージです。

そんな考えで至ったのが、
今回のショックアブソーバーでした。

ってことで、
「ウチのハイエースもショック変えてみようかな?」
なんて思った方は、
とりあえずショップで、
「こんな乗り心地にしたい」って伝えて、
相談しちゃうのがベストだと思います。

相手はプロなので、
予算と要望に応じて色々アドバイスくれると思います。









にほんブログ村 犬ブログ ダルメシアンへ
にほんブログ村
▲ブログランキングに参加しとります▲
よろしくお願いします。

ゴロンフリップその後

さて、
お気づきの方もいらっしゃるかもですが、
前回ネタにした、
「ゴロンフリップ」ですが、
「危険じゃないか?」とか、
「チョット違う」等のご意見を、
コメントでもいただきましたが、
そもそも、
私がゴロンフリップをやってみようと思い立ったのは、
1本のyoutube動画でやってたからでして。

でね、
チョット話しは逸れますが、
こうやって、
公の場に恥さらししてますと、
厳しいご意見をいただくことも、
誹謗・中傷的なコメントも、
少なからずで、
デメリット的な要素はありますが、
続けてると、
大会で見かけても私からは、
話しかけずらいぐらいの、
経験豊富な“超”が付くほどの上級者さんが、
「ブログ見たよ」的に声かけてくれたりして。

しかも、
その上級者さんのトリックをマネしてるのに、
「アレはやり方違う。こうやるの」と、
アドバイスをしてくれたり。

もうね、
モノマネ番組のご本人登場状態ですよ。

恐縮しまくりです。

しかし、
ソコは育ちの悪い私。

「せっかく上級者とお話しできたんだから!」と、
「じゃぁ、あのトリックは?」
「あのスローは?」と、
恐縮してたはずなのに、
ズーズーしく質問攻め。

そんな感じで、
その後も仲良くしていただいてる上級者さんもいらっしゃるので、
コレは、
ブログやってるメリットだと思うのですよ。

まぁ、
厳しいご意見は真摯に受け入れるとして、
誹謗・中傷の類のコメントは…
放置でいいか(笑)

んで、
そんなメリットも多い、
このブログですが、
ゴロンフリップもご本人登場ですよ!

youtubeで見た方ではないのですが、
お話しを聞く限り、
「このヒトがゴロンフリップの元祖でしょう!」という方から、
伝授していただきました。

まぁ、
まだそのやり方で成功してないんですが…

今までより、
明らかにスムーズになりました。

ということで、
“ゴロンフリップ改”を絶賛練習中です。


にほんブログ村 犬ブログ ダルメシアンへ
にほんブログ村
▲ブログランキングに参加しとります▲
よろしくお願いします。

引き出しを増やす

我が家がいつも大会に参加させてもらってる、
ハイパーフライトのフリースタイル(エキスパートオープンっていうクラス)は、
・競技時間:90秒
・ディスク:5枚まで使用可
ってルールなんですが、
他の団体に参加させてもらうとなると、
もちろんルールは色々と違いはありますが、
・競技時間:120秒
・ディスク:8~10枚使用可
ってのがわかり易い違いであり、
私的に大きな違い。

なぜかっていうと、
ディスクの枚数が増えるのは大きな問題はナサゲなんですが、
大きな問題は時間なんですよ。

ハイパーと他団体との差の30秒をどう使うか

ですわ。

今までは、
ナントナクゆっくりルーティンをやりつつ、
途中で数本多めに走らせて…

って感じでやってたんですが、
そんなんで、
ちゃんと120秒でルーティン組んでるチームの中に混ざってプレーしても、
ボロが出るだけで、
ただでさえ大した見せ場の無い、
私とヒナのルーティンでは太刀打ちできるワケがないんですね。

もう、
ジャッジから見たら、
「あいつらちゃんとルーティン組んでネェな」
ってバレバレでしょうしね。

自分じゃ、
「今日はヨサゲにまとめられたんじゃね?」
って思っても、
ジャッジの印象も良いワケないですよね。

そんなワケで、
最近考えてるのが“+30秒を補えるセグメント”

ですよ。

単純に、
最後に30秒分付け足す。

ってことじゃないんですけどね。

まぁ、
色々と考えて、
「こんなんどうよ?」
ってのが思いついたら実践してみる。

ってのをやってみてるんですよ。

んで、
先日の温かかった土曜日。

「ヒナのフリップはソコソコ高いしイケるんじゃね?」
って妄想してたトリックに挑戦してみた。

ちなみに、
ヒナのフリップは何種類かアプローチ方向があり、
更に右回りと左回りがあるんですが、
全部ヒックルメて大きく分けると、
後ろに跳ぶフリップと、
前に跳ぶフリップがあります。
(ホントはちゃんとしたトリック名があるのかもだけど知らないっす)

このブログを読んでる、
ダル飼いさんは「ヒナ、スゲェ!」って思ったかもですが、
このぐらいの使い分けは、
フリースタイルやってるチーム的には、
ベーシックなテクニックです。(たぶん)

んで、
そんな予備知識を踏まえ、
妄想を具現化してみた。







全然タイミングあってないヅラ。

動画の最後で私がうずくまってますね。

チョット分かりにくいですが、
右耳がまだくっついてるか確認してます(笑)

私のポジション取りが悪く、
ヒナが着地する位置にはいっちゃってまして、
ヒナの前肢が私の耳に当たっちゃいまして、
ノタウチ回りたい気分にさせる痛みだったんですが、
練習を始めたばっかのトリックですので、
「ヒナにこの練習の印象を悪くさせないように」と、
痛みを堪えつつ、
「イタイノイタイノトンデケ~」を唱えています。

ちなみに、
チョット耳の中が切れました。
(ホンノチョットですが)


まぁ、
こういうエクストリームチックな遊びですし、
イヌのキッカーにもなる遊びなので、
イチイチ小さな失敗で、
「コレは危険だからやめときましょ」
なんてことにはならず、
血が止まったところで練習再開。


頭踏まれても怪我しないように、
パーカーのフードをかぶってみた。






コントやってるワケではないですよ。

本人はいたってマジメに練習してます。

途中まで、
撮られてることに気づいてませんでしたから。


ということで、
コレもすでにトリック名があるのかもだけど、
ヤッパリ知らないので、
“ゴロンフリップ”と命名。

このまま練習続けて、
モノになれば、
次の大会でルーティンに入れたいな。


「んで、ナルは?」と思ったあなた!!

実はナルも現在大きな課題に取り組み中です。

こちらも、
そのうちご報告できるんじゃないかと思っとります。


にほんブログ村 犬ブログ ダルメシアンへ
にほんブログ村
▲ブログランキングに参加しとります▲
よろしくお願いします。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。