迷走!水玉野郎3.0



▼このブログについて
▼海外に愛犬を連れて行く
▼このブログを楽しんでいただくために
▼このブログの管理者に連絡とりたい方
▼このブログはリンクフリーです
▼よろしければランキングにご協力ください

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


にほんブログ村 犬ブログ ダルメシアンへ
にほんブログ村
▲ブログランキングに参加しとります▲
よろしくお願いします。

今さらながら…

「ちかいうちに」といいつつ、
ズイブンと時間が経っちゃいましたが、
我が家のアルカディア号(ハイエース)の「ドッグトランポ化計画」の、
メインになってるベットのご紹介っす。

私の使用イメージとしては、
 ①ベットの上は寝るスペースとして基本何も置かない
 ②下はクレート(300サイズ×2)と荷物(アウトドア用品等)
 ③ベット常設の状態でセカンドシートが利用可能
なんですが、
クレートが下に入るようにするためには60cm必要。

この「ベット下の高さ」を満たすベットが市販されてない。
(私の探した限りでは)

んで、
キャンピングカーなどの架装メーカーのやつは、
収納できたり使い勝手がヨサゲなんだけど、
脚になる部分が棚になってたりして、
クレートを2コ横に並べたい私にとっては逆にジャマ。

ついでにお値段が高い!

予算的にもクリアしてるのもいくつか見つけたけど、
やっぱりベッド高がNG。

「こりゃ、自作だな」と思ってたんですが、
とりあえずダメモトで、
候補に挙がってる2コの製造元に、
「高さを上げることは可能ですか? 現物を見てから買うことはできますか?」
と問い合わせしたところ、
1社目(関西方面)は、
「特注可能ですが別途特注料金がかかります。 受注生産の為、現物をご覧いただくことはできません。」
とのこと。

もう1社(群馬)は、
「特注も可能ですが、脚はコストを下げるために提携鉄工所で1度に大量生産の依頼をしているため、特注すると高額になります。
ご提案としては脚の下にスペーサーを挟んで高さを上げてはいかがでしょうか?
現物はご来社いただければご覧いただけます。その際、お買い上げいただければ、スペーサーはその場で作成いたします。」
とのこと。

んで、
とりあえず群馬の会社『MGR CUSTOM』さんに行ってみることに。

対応してくれたのは、
ソコの代表(マネージャー)さん。

ご自身もハイエースに乗っていて、
シーカヤックで釣りが趣味なんだとか。

そして、
元々会社は車のカスタム屋等ではなく、
趣味がこうじてハイエースのパーツ販売も始めたそうな。

なので、
ベットも自作を繰り返し、
完成したものがソレなんだそう。

また、
他の従業員さんたちもとてもキサクな方々で、
我が家の条件を満たすために、
色々相談してくれて…

イキナリ車に乗ってどこかへ出かけてしまった。
と思ったら、
数分後に戻ってきて、
「部品(ベットを高くするための)が足りないので買ってきた」
とのこと。


そして…



できあがったのがコレ↓

リヤハッチ側から撮影してます。
奥行きは184cm・天井までの高さは60cm弱あります。



ベットの下はこんな感じ↓

イヌたちは横のスライドドアから乗ります。
クレートの後(写真手前側)は奥行き1mほど。



そして、
気になる脚の下のスペーサーですが…



こんな感じ↓

建材だそうで「強度的には全く問題無し」だそうです。
家の基礎とかでレベル出しに使うやつって言ってたかな?(忘却)



ということで、
使用してみての感想ですが、
我が家はこの上に布団しいたりせずにそのまま寝袋に包まって寝ちゃうんですが、
熟睡できます!

やっぱり「平らなところで横になれる」ってのは、
シートを倒して寝るってのとは全然違いますね。

yu-ki(相方)と二人でスペース的には十分。
詰めればもう1人ぐらいはイケるかな? ぐらいのスペースがあります。


MGR CUSTOMさんで、
「ブログで紹介して良い?」って聞いたら、
「ぜひ紹介してください。ご来社いただければ可能な限りカスタマイズのご相談も乗りますので!」
とのことでした。


ということで、
200系ハイエースでベット設置をお考えの方、
いかがですか?


なかなかご紹介してくタイミングがとれないのですが、
我が家のアルカディア号(ハイエース)はチョコチョコと進化中です。

またそのうち諸々と書かせてもらいます。

ご質問等ありましたら分かることはお答えしますが、
私はそれほど詳しくないのでアシカラズです。




にほんブログ村 犬ブログ ダルメシアンへ
にほんブログ村
▲ブログランキングに参加しとります▲
よろしくお願いします。

スポンサーサイト

ん~

サボってすみません。

なんかね。
公私共にやること多いかったんすよ。

忙しいってホドでもない気がするんですが、
キレが悪くズルズルとなんかやってる。
って感じで。

んで、
腰(ってか尻?)の痛みもダイブ落ち着いてきたんすが、
ホンキで体動かすのは、
まだチョット怖い。

今はまだガマンしたほうがヨサゲな気がする感じ。

どうせ、
地面ガチガチで早朝の練習もビミョーだし。


となると…


水玉王子は温かいとこで
ヌクヌクな時間が増えて
オキラクゴクラク




ですが…


マユゲは常に目をキラキラ(いやギラギラか?)させて
呼ばれるのを待ってる



週末はドコカに運動させに行こうと思ってます。

偶然お会いするかもしれない方々、
よろしくお願いします。

「一緒に練習してやるよ」
って方いらっしゃいましたら、
お声がけください。

お待ちしております。




にほんブログ村 犬ブログ ダルメシアンへ
にほんブログ村
▲ブログランキングに参加しとります▲
よろしくお願いします。

環境

「環境」っていっても、
飼育環境じゃなくて、
飼い主側の環境のネタです。

今では、
大会で知り合った方、
毎日の散歩、
元々イヌ飼う前から友達だった方、
ブログとかインターネット経由等々、
たくさんのイヌ友達と仲良くしていただいてます。

なんですけどね、
私はけっして社交的なニンゲンではなく、
ヒトミシリャーで、
ナイコー的な性格の、
シャイなアンチクショーなんですよ。
(ココはツッコミいらないトコロです)

このブログでは何度か書いてますが、
ナルと大会出るようになったのも、
誘われて断れずにイヤイヤ出たのがキッカケですから。

んでね、
「周りに教えてくれるヒトがタクサンいる」
「トレセンが近い」等々、
うらやましがられることも、
少なからずなんですが、
教えてくれるヒトは探したんです。

トレセンだって、
大して近くないですよ。
車で片道1時間半かかりますから。

CD2受験するときも、
ディスクに関しても、
ホントに運良く、
私のダメっぷりを見かねて、
「教えてやる」って声かけてもらったこともありますが、
ソレは稀なパターンでして、
基本的には「教えてください!」と申し出て、
お願いして、
実現してるんです。

今って、
インターネットがあるから、
いろんなイヌ飼いさんの情報とか、
簡単に手に入るじゃないですか。

んで、
同じ犬種飼ってるヒトのブログとか、
ブックマークして読んでたりしますよね。

このブログ読んでくれてる方だと、
ダル飼いさんが多いんじゃないかと思いますが、
他のダル飼いさんのブログとか見て、
「イヌと飼い主のこんな関係、ステキだなぁ…」
とか思ったりしますよね?

「なんで、ウチのコはダメなんだろう…?」
とか思っちゃったりしてませんか?

きっと、
ダメなのはイヌじゃなくて飼い主です。

たぶん、
イヌとそういう関係を築けてる方は、
ブログではオモシロオカシク書いてるだけでも、
普段は人並み以上の努力してるんだと思います。

私がリアルな世界でも仲良くしていただいてる方々の中でもで有名な方だと、
ダリーママさんとダリアニエナケンとかグレママさんとグレハリとか。

ってことで、
皆さんが憧れちゃうような愛犬との絆を作るため、
1歩踏み出してみません?

ほら、
ちょうど今年始まったばかりだし、
『今年の目標』みたいな感じで。

私も今年はもう1歩踏み出すつもりです。


こいつらと一緒に。

お~い!ダラダラすんなぁ~!!



ハズカシガリータなので、
ドコに踏み出すかはナイショです。




にほんブログ村 犬ブログ ダルメシアンへ
にほんブログ村
▲ブログランキングに参加しとります▲
よろしくお願いします。

近況報告とか

はいはい。

行ってきたっすよ。
大会。

見学&応援しに。

チョットね、
チョットだけ、
「ディスタンスぐらい出ちゃおうかな?」
とか思ったんですが、
チョット先の予定まで考えると、
「ココで悪化or治るのが遅くなると、他人様に迷惑をかけることになる」と、
判断してやめときました。

んで、
エントリーは、
ナルとyu-ki(相方)でディスタンス、
ヒナと私でディスタンスとフリー、
ナルとyu-kiと私でペアフリーだったんですが、
フリーは両上ともキャンセル。
ヒナのディスタンスはプレーヤーをyu-kiに変更。

結果は共に撃沈。


さて、
そんなこんなで私のその後の様態ですが…

とりあえず、
なぜ負傷したのか。

1番の原因は「フォロースルー」にあったと思うんですが、
前回の説明が分りにくかったようなので、
改めてコチラ↓

120110-1


でね、
今回治療してもらった柔道整復士さんも、
「野球もフォロースルーが下手な選手は必ずヒジやカタを壊す」
って言ってました。

んで、
経過はボチボチです。


ついでなんで書いちゃいますと、
全部のヒトに言えることではないのかもですが、
私の実体験では、
フォロースルーを変えるだけでバックハンドスロー(いわゆる1番普通の投げ方)なんかも、
飛距離がノビたりコントロールが安定したりします。

このへん(↑)は、
興味のある方いらっしゃいましたら、
そのうちネタにしますね。
※ただ、文章で書いて伝わるかがビミョー





にほんブログ村 犬ブログ ダルメシアンへ
にほんブログ村
▲ブログランキングに参加しとります▲
よろしくお願いします。

年明け早々に…

2012年になりましたね。

今年もよろしくお願いします。

さて、
年末年始といっても、
とりたててそんな感じのムードもなかった我が家。

「長めの連休」って感じですごして、
私も明日から仕事です。

んで、
8日に大会なんで元旦から毎日練習。

yu-ki(相方)は3日から仕事なので、
昨日と今日は私1人で2頭連れて練習しに行ってたワケなんですが、
今日はハリキッテ8:00すぎに家を出て練習へ。

しばらく投げ練して体温めてから、
ナルとボール投げ。

んで、
ヒナとフリーの練習を始めて、
「そろそろ1回休憩を入れようかな?」
なんて思ってたときに…

トリックスローのパッシング走らせてて、
体を左側にヒネリながら(振り向く感じ)ショルダースロー(右肩の上からディスクを投げ出す感じ)でディスクを出したときに、
力みすぎたみたいでディスクが右に流れまして。

そのときに、
視線がディスクを追っちゃうので、
体はリリース後のフォロースルーで左側に回転しようとしてるのに、
右に流れたディスクを視線が追っているので、
上半身は急ブレーキがかかった状態になっちゃったんですね。

ということで、
ミススローを「あっ、やっちまった!」と思った瞬間、
背中から尻にかけて、
電気ショックというか、
腰の辺りを突き飛ばされたような痛みを感じ、
グラウンドにヨツンバイになったまま立ち上がれなくなりました。

とりあえず、
ヒナがフリーな状態なので呼び寄せて、
這うようにして車まで戻り、
ヒナを車載のクレートへ誘導。

「ジマンできるホドのシツケしてないけど、あるていどシツケしといて良かった」
と思いましたね。 ホントに。(苦笑)

でも、
「コレがナルなら散らばったディスクの回収もさせられたのに…」
とも思いました。(自爆)


そんでもって、
どうにか荷物も車に積み、
知り合いの柔道整復士さんに連絡。

yati:
「ギックリ腰っぽいんだけど明日から仕事で週末大会で、
 翌週はテレビの収録でディスク投げるんだけど… なんとかして。」

柔道整復士さん:
「まぁ、どれか諦めなきゃイカンと思うがとりあえず来て」

ってことで、
『都立家政駅前接骨院』へ。

昨年は、
ヒザや首を傷めたときも診てもらってて、
若いんだけどとにかくウデの良い先生です。

んで、
診察の結果は、
仙腸関節(シリのワレメの上辺りの骨と腰骨の間接)の腱の損傷と、
腰の辺りにある「ナントカマク(腰の辺り一帯の筋肉をカバーしてる板状のデッカイ腱?だったかな?)」が一部ペロッと剥がれた状態。
(ちゃんと説明してもらったんですが、私には説明できないので正確にはチョット違うかもだけど、だいたいそんな感じ)

とのこと。


んで、
その後の治療がスゴイのよ! 奥さん!!

腰をかがめたまま、
チョコチョコと歩くことしかできなかったのに、
1時間ほどの治療で体伸ばして歩けるほどに!

ただ、
「損傷が治ってるワケじゃないからね。損傷したことが原因で周りの筋肉とかが緊張しちゃってるのをほぐしただけだから、勘違いしないように」
とのこと。


そして、


柔道整復士さん:
「とりあえず、今日はテーピングでガッチリ固めとくから」

「んで、週末の大会は『コレはどうしても』って大会?」

yati:
「いや、それほど特別な大会じゃないので無理はしないようにするっす。なんで?」

柔道整復士さん:
「『どうしても大会出る』って言うなら、当日会場に行ってテーピングしてあげようかと思って」

という、
自らがスポーツマンであり、
選手が大事な場面では故障を承知で無理してしまうことを理解し、
ソレを可能な限りサポートしてくれようとする先生です。


そして今こんな状態



とりあえず、
「可能な限り安静に」
とのことで、
色々注意事項・回復を早めるために心がけること等を、
聞いて帰ってきましたとさ。

ん~… コリャ 8日のフリーは絶望的かもな…



にほんブログ村 犬ブログ ダルメシアンへ
にほんブログ村
▲ブログランキングに参加しとります▲
よろしくお願いします。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。