迷走!水玉野郎3.0



▼このブログについて
▼海外に愛犬を連れて行く
▼このブログを楽しんでいただくために
▼このブログの管理者に連絡とりたい方
▼このブログはリンクフリーです
▼よろしければランキングにご協力ください

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


にほんブログ村 犬ブログ ダルメシアンへ
にほんブログ村
▲ブログランキングに参加しとります▲
よろしくお願いします。

あしたのために(その4)

どうですかね?

「このシリーズ楽しませてもらってるよ」
って感じの反応も少しいただいているのですが、
お宅のダルに変化出てきたでしょうか?

そんなすぐは出ないかなぁ?

まぁ、
前にも書きましたが、
1番大事なのは飼い主の折れない心
だと思いますので、
あまり考えすぎずに楽しんでください。

さて、
上記のような反応とともに、
「ディスクってなんでも良いの?」
というご質問も何件かいただきました。

基本的には、
「コレじゃないとダメ!」
ってのは無いと思うのですよ。

ただ、
イヌが銜え易いように作られた形ってのがあるそうして、
ソレがゾクに言う「ファーストバックタイプ」ってやつです。

よく、
ホームセンターとかのペットグッズ売り場で、
売られてるやつで「JFA公認」とか書かれてるやつがその代表的なモノです。

たしか、
JFAのディスクが「ファーストバック」ってディスクなんですよ。

他にも有名なトコロでは、
HERO社とかHyperflite社とか。

んで、
今の段階で私のオススメは、
HyperFliteのJawzですかね。

理由は、
 ・イヌと引っ張りっこしても穴が開かないから
 ・重量が他のディスクより重いので真直ぐ飛ばし易い
ってところでしょうか。

こんな感じ↓


でもチョイ高い(¥)んですよね。
金額的には他のディスクが2~4枚ぐらい買えちゃう値段。

なんですが、
ダルメシアンとディスクで引っ張りっこするなら、
楽にモトは取れると思います。

ある程度、
投げ手のレベルが上がってくると、
Jawzは重くて飛距離や滞空時間に不満が出てくるかもですが…

そんな不満が出てくるのは、
大会出てソコソコのレベルになるころでしょう。

ついでに、
参考までにですが、
飛距離や滞空時間に不満はあっても、
私は今でもヒナとのディスタンスにJawzを使ってますが、
大会では普通にエンドゾーン(コートの1番奥)まで、
問題無く飛ばせます。

あと、
重量(普通のディスクが100g前後なのに対しJawzは150g前後)が故に、
「イヌのクビやアゴに負担がかかりすぎる」
とかワケワカラン(っていうか根拠不明)ことを書いてる
ブログを読んだことがありますが、
超小型犬等ならまだ心配もあるかもですが、
ダルには問題無いと思います。

ってか、
Hyperfliteはアメリカの会社ですからねぇ、
アッチでそんな問題が実際に起きれば…(以下略)
ってことですよね。(笑)

んで、
他に私がオススメなのは、
HERO社のHDXってやつ。
これも穴開きにくいです。
触り心地はJawzより硬い感じ。

HDX以外も基本的にHERO社のディスクは投げ易いイメージです。

あと、
JFAのファーストバックは「とりあえず投げれば飛ぶ」ってイメージ。


ということで、
ここまでダラダラと書いてナンなんですが、
ディスク選びは柄とか色とか好みでいいんじゃないっすかね?

まぁ、
消耗品なので、
色々使ってみて、
イヌの好みとか探してみるのも楽しいかもです。

そして、
ディスク選びといっしょにされる質問で、
「どこで買うの?」
ってよく聞かれます。

そんなアナタには…

↓コチラ↓

アバウトマイドッグスさん


店主の方は私も実際に仲良くしていただいてる方ですし、
私なんかよりずぅ~~っとディスクに詳しいです。(ベテラン)

あとは、
大会会場なんかでも購入できることが多いですよ。

ちなみに、
アバウトマイドッグスさんは、
ハイパーフライトの大会でブース出してますので、
埼玉近郊にお住まいの方なら大会見学ついでに、
アバウトマイドッグスさんでお買い物なんかもできますよ。

ということで、
今回はディスク選びでした。



にほんブログ村 犬ブログ ダルメシアンへ
にほんブログ村
▲ブログランキングに参加しとります▲
よろしくお願いします。

スポンサーサイト

ジュニア世代成長中!

コトの始まりは2週間ほど前。

yukiさん(ダイヤモンドスポット)からの、
1通のメールでした…


「チーフ(1才・ショーダル)に、
ディスク教えてみたいんだけど、
時間空いてるときでいいのでよろしく!」

その後、
師匠とyukiさんでヤリトリがあったらしく、
約1週間後に師匠からメールが届く。

「24日“秘密基地”10:00~14:00。
ディスクに興味ある若ダルを集めなさい。」


そして昨日。
天気がチョット心配された日曜日。

場所は師匠の秘密基地(通称『水玉の穴』)に、
集められたダルは、
yukiさんちのアンアン、チーフ、
師匠の愛犬4頭(ダリアニエナケン)、
グレママさんとグレハリ、
マーレ姉さんとマーレ、
ナルとヒナを入れて11頭。
(ズイブン集まってたのね…)

ホントは他にも、
タクサンお声がけしたい方々がいたのですが、
場所の都合(駐車スペースが限られてる)上、
“これから始めたい”という意思をお持ちの、
私が知ってる“若ダル”オーナーさんで、
さらに“『水玉の穴』に来れる距離にお住まい”の方々を、
ピックアップさせていただきました。

そして、
集まった若ダル&オーナーさんたちは、
4時間ミッチリとMr.X師匠にしごかれ、
黄色水玉の悪魔”になりましたとさ。

もちろん、
『水玉の穴』出身の悪役ダルが裏切るようなことがあれば、
我が家の極悪水玉コンビが抹殺に向かいます。

110425-2
極悪水玉コンビ




まぁ、
実際はチョロッとだけアドバイスさせてもらったり、
師匠の“スポーツダル養成講座”あり、
オヤクソクのミンナでダル談義ありの、
楽しい1日となりました。


師匠のスポーツダル養成講座風景
110425-1
誘惑に負けない練習中




ホントは、
皆さんにアドバイスする役だったはずの私も、
なんだか皆さんにタクサン刺激をいただいて帰宅。

きっと近い将来に、
ナルやヒナを追い越す勢いの、
皿水玉(『ディスクダル』と読んで)が、
現れるだろうとビシビシ感じました。

我が家もガンバって練習します!




にほんブログ村 犬ブログ ダルメシアンへ
にほんブログ村
▲ブログランキングに参加しとります▲
よろしくお願いします。

あしたのために(その3)

ということで、
(その3)です。

どうでしょう?

実践してみてくれてる方っていらっしゃいますかね?


「やってみたけどウマくいかネェヨ!」
という、
お怒りの声が聞こえてきそうですが…(汗)


たぶんですね、
私がコレ(ブログ)を書いてるペースでは、
ダルは習得していかないと思います。

「コレ(今やってること)ができるようになったら次にこんなことやる」

って感じで、
アタマん中にイメージしててもらうと良いかと。


たぶん、
オビでもアジでもイヌに、
チョット複雑な動作を教えたことのある方なら、
お分りかと思いますが、
「ナニ言ってるかワカラン」
という方のために簡単に解説しますと、
イヌになにか一連の動作を教えるときに、
その動作を何段階かに分けて、
段階的に教えていって、
最終的に1つの動きとして教えます。

例えば「ドアを閉める」という動作を教える。

1.指示した開いてるドアのところまで行く
   ↓
2.ハナ(もしくはマエアシ)でドアを押す
   ↓
3.ドアが閉まるまで押す
   ↓
4.閉まったら戻ってくる

って感じで次の段階のイメージがアタマにあれば、
ナニか教えるときもやり易いかな?

って思いますので、
ドンドンこの「あしたのためにシリーズ」を進めちゃいますが、
焦らず今の段階を確実にクリアしてから、
次の段階に進んでください。

ということで、
前回のおさらいも兼ねて。

ヒナの古い動画があったので、
「ウチはこんな感じで教えました」的な。

以前公開した動画ですが、
参考になれば良いなと思い再公開っす。



ヒナ2か月齢のころ

なんだか私のアタマがタイヘンなことになってますがスルーしといてください


オモチャは軍手です。

モチロン、
呼び戻しどころか、
「スワレ」も「マテ」も一切教えてないころです。

ヒナはウチに来る前から、
師匠がオモチャで引っ張りっこを教えてくれていたので、
ウチに来た時点で引っ張りっこ大好きな状態でした。

我が家では、
ソレを強化すべく、
コングとかはいわゆるカミカミのオモチャは、
普通に与えてましたが、
軍手はニンゲンと遊ぶときだけ使用してました。

また、
確実に手元まで戻ってくるように、
軍手で引っ張りっこして遊ぶときは、
ヒザの上に抱いてやってました。

そんでもって、
「ダッコして引っ張りっこ」から、
上の動画の「持って帰ってきて引っ張りっこ」に、
移行するまでにもう一段階あって、

1.引っ張りっこしながらヒナから軍手を奪ったら一度ヒザから下ろす

2.軍手をちらつかせてヒザの上まで誘導してヒザに乗ったら引っ張りっこ

というのを繰り返してました。

まぁ、
ダルなので15kg超えるぐらいからヒザの上はキツいかもですので、
必ず足元までイヌが来るようにとかでも良いと思います。
できれば、
コチラから取りにいかないで、
手で受け取れるところまで持ってこさせるほうが、
後々良い気がします。

「ココまで持ってこないと遊んでやらない」的な、
オーラを出して待ちましょうましょう。


ちなみに、
まだワクチン2回目を打つかどうかぐらいの月齢でしたが、
「大会会場は楽しいところ」と刷り込むため、
すでに大会会場には連れていき、
たくさんのイヌやヒト、
大きな音で流れる音楽に慣れるため、
会場にいるお友達にたくさんダッコしてもらってました。


そして、

ヒナ3か月齢のころ

軍手からパピーサイズのディスクに昇格(笑)



ちなみに、
ディスクを裏返してるのは拾いやすくするためです。
裏返しでディスクを地面で滑らすことを「スライダー」なんて言ったりします。

このあと、
ワクチンプログラム(っていうんでしたっけ?)終了後、
お散歩解禁になりロングリードで、
転がして持って帰ってくる遊びをタクサンしましたとさ。
(ちなみにディスクを転がすことを「ローラースロー」なんて言います)

転がってるディスク(止まって倒れる前)を、
カプっとつかまえて持って帰ってこれたら、
私的には80%は完成だと思ってます。

ということで、
慌てずジックリと次の段階をイメージしつつ、
愛犬と楽しんでください。


あっ、アクセスカウンタが…
いつのまにか200,000超えてる…


にほんブログ村 犬ブログ ダルメシアンへ
にほんブログ村
▲ブログランキングに参加しとります▲
よろしくお願いします。

ハードルは高めに設定

先週の日曜日、
久しぶりにトレセンで練習してきました。

今回もあさゆめさんが写真を撮ってくれました!
ありがとうございます!!


ダブルアクセル(自称)も2人の距離を調整したり
110419-1

たぶん、
2人の距離がある程度離れてるほうが、
見栄えすると思うんですよね。

110419-2
私がトスミスしなければナルはバッチリです。
タイミングが難しい…



ちょっと5月、6月は気合入れたいなぁ…
なんて思ってまして。

5月の大会は、
新しくフリーのジャッジに“アノ方”が加わるとのこと。
とてもワクワクしてます。

そして6月は…
2011 Hyperflite Skyhaondz
Asian World Championship Qualifier
っすよ。

エントリーしたっす。
ナルはペアフリー。

そして、
無謀にもヒナはオープンに参戦!


ということで新トリックにも挑戦!
ナルのバックストール
110419-3



目標は、
ナルは3年連続でWorld Finalistの盾をもらうこと。
ヒナは第1ラウンドの予選突破の第2ラウンド進出。

正直言いまして、
どちらの目標もかなり難しいと思います。

今までペアフリーは、
競技人口の少なさが
我が家が2年連続で盾をもらえた最大の理由。
(いや、どうどうと言うことでもないんですけどね…)

しかし、
今年も出場チーム数は、
アメリカのように多くはないでしょうが、
入賞を狙うならソレナリの実力が必要でしょう。

んで、
オープンは…

まぁ、
ムリだろうな(笑)

普段の定例大会でも、
前回のように運が良くなければ、
まだまだ入賞できるレベルではない私とヒナ。

一昨年・昨年と、
アジア選考会には、
普段他団体で活躍されてる方々も参加してたりで、
ハイレベルな戦いです。

上位に食い込めるのは、
本当に実力のあるチームだけです。

我が家のように、
普段運が良いだけで入賞させてもらってるチームは、
容赦無く第1ラウンドで切り捨てられること必至。

ということで、
練習にも力入ります。

先生からも、
「そろそろ本格的にいってもいいんじゃない?」
とお墨付きをいただいたので…

後ろからのバックボルト
110419-4


や、


カタパルト
110419-5
※私の体制がお笑いっポイのはスルーしてください



なんか試してみて、
飛び技もバリエーション増やしてみようかと。


「オンリーワン」なんてクソクラエなんですよ
本格的にディスク始めた時点でオンリーワンだったワケだし
『ナンバーワン』になりたいんです
ディスク始めた時からずぅ~~っと
ハードルが高くて飛び越せないんならヨジ登っても超えるよ
▼▼CLICK!!▼▼


にほんブログ村 犬ブログ ダルメシアンへ
にほんブログ村
▲ブログランキングに参加しとります▲
よろしくお願いします。

あしたのために(その2)

さてさて、
その2にいきますが、
その前にその1の補足とおさらいです。

ディスクに執着を持たせるために、
引っ張りっこをするワケですが、
ディスク(引っ張りっこするオモチャ)は、
一人遊びさせないでください。

ディスクは飼い主と遊ぶ特別なモノと、
認識させるのが良いと思います。


まんまと騙されてディスクが特別なモノだと思ってるイヌ
110418-2



執着を持たせても、
ソレで一人遊びするようになると、
後々メンドウになります。(たぶん)

なので、
引っ張りっこも、
よくあるシツケのセオリーに添って、
「飽きる前にやめる」ほうが良いです。

ということで、
その2です。

引っ張りっこできたら、
ディスクを転がしてみましょう!

転がし方は以下の図残照。

110418-1


まぁ、
投げ方なんてあんまり気にせず、
とりあえず転がればokです。

最初は、
腰を落として低い位置から投げ出すと、
転がし易いと思います。
短い距離(1m程度)で充分ですので、
リード付けたままでもokです。

予定通りだと、
イヌはディスクを追いかけて、
銜えたらアナタのもとへ、
“引っ張りっこをするために”戻ってきます。

なので、
期待通り引張りっこをしてあげましょう。

そして、
イヌがコマンド聞いてるかどうかは、
どうでも良いのでディスクを銜えたらとりあえず、
「カム!」とか「コイ!」とか呼び戻すコマンドを言ってみる。


んで、
残念ながら戻ってこなかった場合。

案1.ダメモトで呼び戻してみる。


案2.リードでコントロールして手元まで誘導。
  (あまり強引に誘導しないほうがベター)

案3.イヌがディスクを銜えたらイヌを呼びながら逃げてみる。

んで、
イヌが戻ってきたら引っ張りっこ。

それでもダメなら、
案4.オヤツをちらつかせ呼び戻す。


「ディスクを持って帰れば引っ張りっこできる」でも、
「ディスクを持って帰ればオヤツがもらえる」でも、
どちらでも良いです。

とりあえず、
「ディスクを持って帰れば良いことがある」
って覚えてもらえればその2はクリアです。


簡単にその2がクリアできちゃったら…

・ディスクを転がす距離をジョジョに長くしてみる。
 ジョジョにですよ! イキナリ長くしないでね。

・持って帰ってきたディスクで引っ張りっこしたあと、
 コマンド(「ドロップ」等)でデスクを放させてみる。

クリアできてもできなくても、
あまり長い時間やらずに、
数分遊んだら終了。

何セットかやるにしても、
2~30分の休憩を入れて、
1日/2~3回程度にしておきましょう。

そうそう、
「ご褒美」はオヤツかディスクで引っ張りっこです。
他のオモチャは使っちゃダメです。


タブーの例)
ディスクを持って帰ってきたらボールを投げてあげるとか、ロープで引っ張りっこ。



ということで、
いただいたご質問にお答えコーナーっす。

ご質問:
「テンションの低いナル」と「テンションの高いヒナ」どちらが、yatiのプレースタイルに合ってる? また、そのテンションの高いヒナとプレーする時に心がけてる事は?

お答え:
ん~… 私のプレースタイルですかぁ… 正直言いまして「俺のプレースタイル」ってほどカッコイイものも持ってないのですが、「どちらかを選べ」と言われれば、大会に出ることなどまで考えると、ヒナの方が楽ですね。「出番の30分前から排泄させて、テンション上げてヤル気ださせて…」とか「今日はやってくれるだろか?」みたいな心配が少ないので。(笑)
ただ、私のプレーを見てる方がイメージで持ってる「コレがyatiのプレースタイル」というのがあるとすれば、ソレは間違い無くナルとのプレーで、ナルと作り上げてきたプレースタイルです。
んで、ヒナとプレーするときに気を付けてることですが、ナルはタイミングのズレたりヘンテコなところに飛んだトスなどムリな体制でキャッチしにいかないんです。スルーします。ついでに、例えば私がバックボルトの構えをしてても、コマンドを出さなければ飛びません。なので、プレー中に「無理あるかな?」と思いながら指示出しも、ナルが判断してくれるので、高めのトスもチョットムリな体制からのボルトも安心して指示が出せます。
逆にヒナはどこからでもディスクをキャッチしにいきますし、それこそ着地を考えずに飛びます。(「オマエはノミか!?」とツッコミたくなる…)なので、プレー中一旦止めてでも、必要な間合いを取り、ヒナがアプローチするための距離、キャッチしたあと着地しやすい高さ・距離の正確なトスを出せるように心がけてます。




にほんブログ村 犬ブログ ダルメシアンへ
にほんブログ村
▲ブログランキングに参加しとります▲
よろしくお願いします。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。