迷走!水玉野郎3.0



▼このブログについて
▼海外に愛犬を連れて行く
▼このブログを楽しんでいただくために
▼このブログの管理者に連絡とりたい方
▼このブログはリンクフリーです
▼よろしければランキングにご協力ください

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


にほんブログ村 犬ブログ ダルメシアンへ
にほんブログ村
▲ブログランキングに参加しとります▲
よろしくお願いします。

好きすぎて…

このブログを読んでくれてる方々で、
“ドッグショーを観に行ったことがある”って方、
どのぐらいいらっしゃるんでしょう?

我が家は、
ブリーダーさんと仲良くさせていただいてることもあり、
ナルやヒナのきょうだい&親戚が「出陳する」なんて聞くと、
近場だったりスケジュールが空いてたりすれば、
チョコチョコと覗きにに行かせてもらってます。

んで、
観てる楽しみ方として、
「どのイヌが勝つか?」
を予想したりするのですが、
まぁ、
私の予想(カッコイイなと思うダル)は、
だいたい勝ち残りません。(笑)

一言でいうと、
ジャッジするヒトの私の「見る目が無い」んですね。

ナニシロ、
ダルメシアン(っていうか純血種)を飼うのは、
ナルが初めてですから、
それまで「ドッグショー」なんてモノも知らなかったし、
私の中のダルメシアンの基準は全てが「ナル」なんですよ。

わかりやすくいえば、
“カッコイイダルメシアン”=ナル。
みたいな。

んで、
最近はソレに+して、
“カワイイダルメシアン”=ヒナ。
みたいな。

なんていうんですかねぇ…

もう、
『親バカ』なんて域はトックに通り越してるワケですよ。

宇宙最強の戦闘民族がサイヤ人なら、
ソレを超越したスーパーサイヤ人的な。

『親バカ』を超越した『バカ親』的な感じ。

モンスターペアレンツみたいな。

塾に通わせる金はあっても、
給食費は払わないみたいな。

常用句は、
「ウチのコはダイジョーブ」と、
「ウチのコは自分のことニンゲンだと思ってるから」みたいな。

「オマエの考えは腐ってる」
と世界中に罵られても、
「ナニが?」
みたいな。

んっ? 脱線してますか?

そんでもって、
先日もyu-ki(相方)との会話で、
「真っ黒なダルっているのかなぁ? ヒナより黒多いの」
「真っ黒でチョットだけ白の差し毛ぐらいの」
「3頭目さがすならそういうダルが良い」
と言ってたらyu-kiが一言、


「黒ラブにすれば?」


「yu-kiはオトコのロマンが分ってない!」
と思ったアナタ!
▼▼CLICK!▼▼


にほんブログ村 犬ブログ ダルメシアンへ
にほんブログ村
▲ブログランキングに参加しとります▲
よろしくお願いします。

スポンサーサイト

中らかも外からも鍛える!

んじゃ、
昨日書こうと思ってたこと書きますね。

我が家には、
ニンゲン以外に愛する2頭の家族がいるワケですよ。


水玉王子(NALU)
110127-6
座右の銘:「できるけどやりたくない」



マユゲ娘(HINA)
110127-5
座右の銘:「クチに入るモノは全て喰え」



デッカイ方はオッドアイでアレルギー持ち。
チッチャイ方はガングロで体重16kg。

まぁ、
スタンダードなんてクソクラエな2頭なワケですが。(笑)

ナルはアレルギーあるし、
結石で手術経験あるしだし、
ヒナはとにかく動く。(止まると死ぬらしい)

そんな2頭なので、
食餌も違うフードを食べてたりします。

ナルは、
スペシフィックCKD(写真撮り忘れた)っていう、
いわゆる“処方食”(←結石予防)です。
なんだけど、
最近輸入元がデカイ袋を入れなくなっちゃったらしいので、
変えようと思い、
かかりつけの獣医師先生と相談中。

んで、


ヒナはコレ↓食ってます
110127-1
高級フード「BLUE」のCHIKEN←詳しくはwebサイトでどうぞ



んでね、
何度か書いてますが、
ナルのアレルギーは原因がハッキリしてないんですよ。
血液検査とかもしてもらったんだけど、
原因特定できず。
いわゆる“アトピー”ですね。

まぁ、
肌荒れ的なものは大したコトないんですが、
とにかく痒いらしい。

そこで、
院長先生からのご提案で、
「肌を強くする」に取り組んでます。

お肌に良いのはニンゲンと共通だそうで、
「ビタミB2、B6そして“リノレン酸”

んっ? “リノレンさん”ってダレ?

ってカオをしてる私に、
院長先生:
「食用油に入ってるやつだよ。1食に1~2滴たらしてやると良いよ。」

yati:
「了解!サラダ油っすね!?」

院長先生:
「ちゃんと成分見て“リノレン酸”が入ってるやつじゃなきゃ意味ないからね。」

と先生に言われて近所のスーパーへ。


ナルの食餌に1回/1日コレ↓混ぜてます
110127-2
B2,B6は半錠ずつと油は適当


ちなみに油は荏胡麻油一番搾り(紅花食品株式会社)。
コレに決めた理由は、
スーパーに並んでた食用油の中で、
1番リノレン酸の含有率が高かったから。
そんだけ。

あと、
ナルの食餌には“コスモラクト”ってのも入れてます。
コレもスゴイ良いらしいっすよ オクサン!

このへん(↑)の効果か、
「最近ナルの毛がさわりゴゴチが良くなってるなぁ…」
と思ってたらyu-ki(相方)もそう感じてたらしいので、
きっと効果が出てきてるのでしょう。

んで、
「皮膚を強くするにはブラッシングで血行を良くしてやるのも効果アリ」
らしいので…


コレ↓
110127-3
共にBEBON社


過去にいくつかナル用のブラシを買いましたが、
今んとこコレがバツグン。(当社比)

2~3日に1回(毎日のときもアリ。分り易くいえば適当)、
お湯で濡らして固めに絞ったタオルで、
体を毛並み無視してゴシゴシ拭いて、
このラバーブラシで梳かす。

ってのを、
2回ぐらい繰り返すと、
シャンプーしたばっかりみたいな手触りの毛になります。

長毛や縮れ毛の個体はそう簡単にはいかないかもですが、
ダルならイケます。(たぶん短毛ならイケるんじゃなかろか?)

そんな高額なブラシではないので、
気になった方お試しアレ。



にほんブログ村 犬ブログ ダルメシアンへ
にほんブログ村
▲ブログランキングに参加しとります▲
よろしくお願いします。

言葉について考える

ちょっとね、
日々の生活について書こうかと思ってたんだけど、
気になるネタがあったのでピックアップさせてチョンマゲ。

まず、
個人的にかなりツボのブログ。
月刊シュウサクmagazine』。
実際のシュウ39パパさんをご存知の方じゃないと、
オモシロくないかもなんだけど、
今回ディスクについて書かれてて、
“回転中のフリスビーに発生する力は揚力なのだそうです”
とのこと。

このブログでも何度となく、
私は『浮力』という言葉を使ってた気がするので、
改めて訂正。

揚力です。妖力じゃないので気をつけようね!
1つオリコウになりました。

んで次。
前回のネタでコメントいただいた内容。

“(ドッグスポーツに)向いてるイヌ”
まぁ、
コレもこのブログでよく使ってる言葉です。

んじゃ、
その言葉の定義ってナンゾヤ?
ってなると、
「『=勝てるイヌ』なのか?」
という疑問が自分の中で沸いてきた。
犬種で言えば、BC、AS、FT系LR辺りが一般的かな?

でも、
例えば、
初めてイヌを飼おうとしてるヒトに、
「イヌ飼いたいんだよね。
フリスビーとかもやりたいんだ。
どんな犬種がおススメ?」
って聞かれたら、
「その辺の犬種をススメルか?」
コレも疑問だと思うんすよ。

上記の3犬種をイヌ飼ったことがないヒトが、
「飼う」って言い出したら、
きっとこのブログ読んでくれてる方々なら、
「チョット心配…」って思うんじゃないかと。

ダルメシアンのこと以外は、
大したこと知らないけど、
スポーツに向いてる(と言われる)犬種=家庭犬に向いてない犬種
だと思うんですよ。

ディスクをやることを前提に、
「ブルドッグとBCどっちが向いてるかな?」
と聞かれれば、
ズガイコツの形とか、
運動能力とかザックリとイメージできるところで、
「BCのがいんじゃね?」
と答えられるだろうけどね。
でも私は「ブルドッグでディスクやったら大会でヒーローだせ」とか言うかも…(汗)

以上を踏まえると、
“向いてる”かどうかよくわかんないけど、
“できない”犬種ってのホトンドいないワケで。

んでね、
ナニが言いたいかっていうと、
このブログで書いてきた、
“(スポーツに)向いてる犬種”
って言い方間違ってたんじゃネェの?

ってコトですわ。

たぶん、
過去の自分を振り返ると、
「向いてる犬種」って、
『勝てる可能性の高い犬種』って意味で書いてる気がするんすよ。

いや、
正確に言うと、
「他の犬種より勝つことに最短距離で進める可能性の高い犬種」
かな?

だってね、
ダルメシアンは“向いてない犬種”側ですが、
私は、
ナルとヒナなら「オレがちゃんと投げられればきっと勝てる」と、
ホンキで思ってますから。

コレ(↑)って、
上に書いた3犬種でもそうでしょ?

どんなスゴイBCがいたとしても、
投げ手がヘナチョコじゃ勝てないワケで。

ということで、
『向いてる犬種』という言葉の使い方に、
気をつけよう。
と思ったのでした。


も1コ書いても良い? 長い?
えっ? 字ばっかり?

この1年ぐらい(2年ぐらいかな?)
“アニマルコミュ二ケーション”ってやつに興味があるんすよ。

んで、
本とか読んでみると、
どうやら世の中には、
ニンゲン以外の動物とテレパシー(的なモノ?)を使って、
コミュニケートできるニンゲンがいるらしい。
ってことはわかった。

まぁ、ボケはよいとして…

実際本を読むと、
そういう人たちの世界観みたいなものや、
魂とか宇宙のパワーだとか、
かなり興味深い。

仲良くしていただいてる方にも、
イヌとコミュニケートできる方はいるのですが、
テレビとかに出てくるような、
「アニマルコミュニケーターなら知らないヒトはいない」
みたいなアニマルコミュニケーターとかとも、
お話ししてみたいですよねぇ…


で、
もしお会いしてお話しできる機会があれば、
やっぱりお願いすることは1つですよね…











「オレにもイヌと話す方法教えてくれ」


いや、ホラ…
ウチのイヌたちと話してもらわなくても、
私が話せるようになればその必要性も無いワケで…




「マジメに書いてるのかと思えばそんなオチかよ!」
と思ったアナタ!
▼▼CLICK!!▼▼


にほんブログ村 犬ブログ ダルメシアンへ
にほんブログ村
▲ブログランキングに参加しとります▲
よろしくお願いします。

オレはコダワってる!のかなぁ?

1月23日。
筋ダル新年会と称して、
TORIさんが会員の、
『いなしきドッグスポーツフィールド』をお借りして、
関東近郊のダル飼いたちが集まりました。

約20人の16ダル。

有名ドコロでは、
JKCグランドトレーニングチャンピオンのレインさん(TORIさん)、
JKCグランドアジリティチャンピオンのアニーさん(ダリーママさん)、
モデルのDJさん(まみさん)等々。

イヌたちを遊ばせながらニンゲンはBBQ。
朝から日没間際まで楽しい1日でした。

愛ダルとの接し方、
目標はそれぞれでしたが、
共通していることは1つ。

皆「ダル一筋のダルバカ」。


そんな皆さんを見てると、
前に我が家が信頼する訓練士さんの言葉を思い出すんですよ。

その方はドイツの訓練士さんたちとも交流があるらしく、
「ドイツの訓練士に、
『なぜ日本人は色々な犬種をまとめて飼うのか?
 日本人は犬種にコダワったりしないのか?』
と聞かれた事がある。」
とのこと。

この話しは、
我が家がヒナを迎えることが決まっていましたが、
まだダレにも「2頭目」の話しをする前でした。
その訓練士さんにお会いして世間話をしてたときに、
「そろそろナルちゃんも弟か妹ほしいんじゃない?」
とイキナリ言われて、
ビックリしながら私が、
「実はもうすぐ♀ダルを迎えるんです」
と伝えたときに、
「ディスクやらせるんでしょ?
なのに、やっぱりダルなんだ~」
と笑いなが話してくれた内容でした。

訓練士さん曰く、

訓練、アジ、ディスク…
皆最初は「愛犬と楽しむため」だったり、
「より快適に暮らすため」という目的で、
教室等に通い始めるのに、
競技会に出始めると、
2頭目はBC、シェパード…
と性能の高い犬種を求めてしまう。
否定はしないが少々寂しい気持ちになる。

とのことでした。

私もアンチBCではありあせんし、
むしろBCはとても魅力的な犬種と感じます。

でもスゴすぎるっていうか、
昨今のドッグスポーツの競技会で、
BCが勝つのってアタリマエ杉じゃないですか。

もちろん、
BCにはBCなりの苦労があるのも、
ある程度知ってますけどね。

でもそれくらい、
BCだらけじゃないですか。

そうなると、
アマノジャクな私は、
「じゃぁ、BC以外で…」
となってしまうですよ。

とはいっても、
BC以外で勝ちたいなら、
FT系ラブとかオゥシーとかいるだろ?
って思う方もいらっしゃるでしょうが、
コレもBC同様。

いつか私が大会で勝てるようなレベルに達したとき、
大会の表彰式で真ん中で表彰されたときに、
“いかにも勝てそうな犬種”じゃないイヌと、
記念写真に写りたいんですよ。
“いかにも勝てそうな犬種”を両脇に従えて。


なんて言ってますけどね、
私とナルのディスクドッグ生活に、
多大な影響をあたえてくれたイヌが、
交配する(した?)らしいという情報が…

もちろん現状で、
新しいイヌを迎える気はありませんが、
その情報がタシカなら2~3か月後には、
私の憧れのイヌのDNAを受け継いだ、
子イヌがこの世に現れるワケで。

気になるキニナル…

「またこのオチかよ!」
と思ったアナタ!
▼CLICK▼


にほんブログ村 犬ブログ ダルメシアンへ
にほんブログ村
▲ブログランキングに参加しとります▲
よろしくお願いします。

気になるキニナル… でもガマン

今朝は諸事情によりいつもよりチョット早起きでした。@5:30

ってことで、
「時間に余裕もあるし~」
と、
ダラダラ練習したら帰宅がいつもより遅くなり、
焦った。


いつもの練習後の1枚
110119-1



最近、
水玉王子はヤル気イマイチ。

理由は明確でして、
凍った地面が気になるキニナル。
(シモバシラ大好き)

ってことで、
「ナァ~ルゥ~!地面食ってないで帰ってこぉ~ぃ!」
ってことになり、
“練習”ってより、
“自由運動”に近い感じ。

なので、
進展も無く…

ホントは色々試したいトリックあるんだけど、
ナルは今ペアフリーをメインにガンバってもらってるので、
新トリックより、
私もナルも、
yu-ki(相方)とのコンビネーションの方がダイジ。

ってことで、
あえて新しいことはやってません。

そんでもって、
次の大会までに、
前回より少しでも成長したところをお披露目したい、
発展途上のマユゲ。

まぁ、
課題はモリモリでして、
ドレを優先させましょうか?
みたいな。

欲張って、
新年のトレセンミニ大会みたいに、
悪化させてもイカンので、
「とりあえずコレとコレ」
みたいな感じで、
短い目標をかかげとります。

その中の1つが…

落ちてるディスク

「ナンノコッチャ?」
と思われるかもですが、
ヒナはディスクをくわえてても、
落ちてるディスクも気になるキニナル。

複数のディスクで遊んでいると、
ディスクをキャッチして、
戻ってくる間にディスクが落ちてると、
ソレも拾おうとする。

んで、
ソレを拾うと、
サッキまでくわえてたディスクが気になるキニ…(しつこい?)
必殺一人無限地獄。

結果:なかなか帰ってこなくなる。

ってことで、
このへんを矯正中。

今ントコなかなか良い感じ。
※ベツにナイショじゃないけど、
 長くなるのでどんな練習してるか書きませんが、
 気になる方いらっしゃったら、
 コメントでもいただければ、
 現在進行中の矯正方法も書きますね。



あとは…

ヒナのバックフリップ
110118-3
(撮影:あさゆめさん)
カッコヨクはないんですけどね…



私の身長が180cm(up)ですので、
そこから見るとたいしたジャンプ力なんですよ。

でも、
今はガムシャラにディスクに向かって、
飛んでるだけなので、
着地が危ない。

マユゲは、
着地を考えて飛んでない。
まるで、
ノミのようなヤツ。

良くも悪くも、
全てにおいて常に全力投球のマユゲ。

ニンゲンに例えるなら、
ダンベル上げるときも、
生卵つかむときも、
握力全開!
みたいな。


なので、
力の配分を覚えてもらいたいなと。


分りにくいんですが、
下の写真を比べてもらうと…


ナルのバックボルト
110118-4
(撮影:あさゆめさん)

ヒナのバックボルト
110118-5
(撮影:あさゆめさん)


上のナルの写真は、
ペアフリーの時なので、
デカく飛ばせてないので、
さらに分りにくくなってますが、
ヒナのときは、
台も低めに構えて、
トスもかなり低く近くに出してます。

とにかく、
怪我などせずに楽しんでもらうために、
今は大会で高得点をもらうより、
基本をシッカリのマユゲです。


なんだけど、
マユゲの運動能力の高さが嬉しくて、
ついつい色々やらせてみたくなる気持ちを抑えるのがタイヘンなダメパートナーです。

「ガマンしなさい!」と思ったアナタ!
▼▼CLICK!!▼▼


にほんブログ村 犬ブログ ダルメシアンへ
にほんブログ村
▲ブログランキングに参加しとります▲
よろしくお願いします。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。