迷走!水玉野郎3.0



▼このブログについて
▼海外に愛犬を連れて行く
▼このブログを楽しんでいただくために
▼このブログの管理者に連絡とりたい方
▼このブログはリンクフリーです
▼よろしければランキングにご協力ください

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


にほんブログ村 犬ブログ ダルメシアンへ
にほんブログ村
▲ブログランキングに参加しとります▲
よろしくお願いします。

border

「border」って言っても、
ボーダーコリーのはなしじゃありません。
(BCの「ボーダー」のつづりってコレなの?)

境目の“ボーダー”っす。

先日の大会の時に、
お友達と話しにあがったのですが、
「とれるタイミングのディスクで、
 追いついてるにも関わらずキャッチしない」
と、
お友達は悩んでいた。

まぁ、
色々とお友達の悩みをこのブログで書いてもナンなんで…

そのお友達と話していて、
ふと気付いた事を聞いてみる。

yati:
「最近、練習時間ながくなってたりしません?」

お友達:
「う~ん… フリーも始めたので長くなってる」


よく聞く話しで、
「イヌの集中できる時間は5~10分程度」
なんてのがありますが、
犬種や個体差もあるでしょうが、
トレーニングすればある程度は伸ばせるでしょうし、
イヌが楽しんでいれば、
ヘトヘトになるまで集中できる場合も、
あるんじゃないかと思います。


101130-1
(撮影:バニパパさん@HJC秋が瀬17th)




なんですけどね。


私は、
ナルやヒナとの練習は、
長くて5分以内(理想は2~3分)/1回で切り上げます。

理由は、
「競技時間は長くて2分程度なので」
ってことで。

たぶん、
“競技”としてはやってなくても、
「運動量が多い」と言われる犬種を飼ってる方は、
“運動”としてディスクやってる方、
少なくないんじゃないかと思います。

その場合は、
イヌが満足するまで遊んでokだと思うんです。

でも、
“競技”はその2分程度の中で、
全力を出し切らなくちゃいけないわけですよ。



101130-3
(撮影:バニパパさん@HJC秋が瀬17th)




ディスタンスにしても、
フリーフライトにしても、
イヌにとっては練習も大会も大した区別無いワケです。

となると、
普段10分間練習してるイヌがいたとすると、
大会でも10分間走り続けるつもりで、
フィールドに入っていくワケですよ。

そして、
10分間走り続けられるペース配分で走り始めるんですよ。
きっと。

ニンゲンだって、
マラソンするのにイキナリ全力疾走する人は、
いないでしょ?



101130-2
(撮影:バニパパさん@HJC秋が瀬17th)



それに、
「大会で100m走に出るのに練習はマラソン」
っておかしいじゃないですか。


ってことで、
ディスクのキャッチ1つとっても、
練習すればしただけうまくなると思うんですよ。



101130-4
(撮影:バニパパさん@HJC秋が瀬17th)




でも、
遊びたいだけ遊ぶか、
競技の内容に合わせて遊ぶか。

このへんが、
“競技”として楽しむか?
“運動”として楽しむか?
の境目(border)なんじゃないかと思ってます。



「それだけじゃ、運動量が足りない」
というご意見が聞こえてきそうですが…

そういう場合は、
“運動”と“ディスク”をベツモノとして、
考えれば解決しますよね?



まぁ、
タクサン練習したつもりでも…




競技中はハプニングが付きものです
101130-5
(撮影:バニパパさん@HJC秋が瀬17th)



そのハプニングも、
大会の楽しさなんですけどね…




にほんブログ村 犬ブログ ダルメシアンへ
にほんブログ村
▲ブログランキングに参加しとります▲
よろしくお願いします。

スポンサーサイト

相対的に見るか、絶対的に見るか

さてさて、
ウチのイヌ。

特にナルは「痩せている」とよく言われます。

ソレに関しては、
「カッコイイ」というヒトもいれば、
「かわいそう」というヒトも。

まぁ、
一般的に世間の家庭犬(ウチのイヌも家庭犬です)としては、
痩せてるほうでしょう。(相対的に見て)



101125-1
(撮影:ボビママさん@トレセン)




まぁ、
私からすれば、
太ってるイヌのほうがかわいそうなんですが。

「おなかいっぱい食べさせてやってくれ」と、
嘆願されたこともあるっす。

食わせますよ。(笑)

はらいっぱいじゃないと思うけど、
必要な量は。

たぶん普通の家庭犬よりも、
運動量は多いだろうから、
ソレナリの量は与えてると思います。


こんな言い方では、
納得いかない方のほうが多そうですね。

それでは、
絶対的に考えてみましょう。

「ナルが痩せててかわいそう」と思うヒト、
チョットドッグスポーツの会場に行ってみてください。
ブクブク太ってるかわいそうなイヌは、
ホトンドいませんから。



101125-2
(撮影:ボビママさん@2010HJC秋大会)



こいうことを書くと、
「スポーツさせてるから痩せてるんだ」と、
反論されそうですが…

発想を変えてみてください。

コレが「スポーツに適した体形」なんですよ。

この「スポーツに適した体形」ですが、
言い換えれば、
「イヌの運動能力を一番発揮できる体形」なんですよ。

イヌ飼ってれば、
「自由に走り回らせてやりたい」とか、
「イヌが走ってる姿はいいなぁ」とか、
思ったことある方がホトンドではないでしょうか?

イヌは元々捕食動物です。
太ってボテボテ走ってたら、
獲物に追いつけないんですよ。

ついでに、
4足歩行のイヌが太ってると体制的に、
腰にかかる負担は、
同程度に太ったニンゲン以上なんじゃないでしょうか?

「イヌが太ってるってことはスンゴク不健康なことだ」
と思ってきたでしょ?


話しは逸れますが、
「自然に近い食事=生食」
だから生食が良いなんて話しも良く聞くけど、
野生のイヌはウシとかウマなんて、
ホトンド食わないんじゃないかと思うんですよ。

トリ、ネズミ、ウサギ等の小動物がメインじゃないかなぁ?

と考えると、
“自然な食事”という意味では、
ドッグフードと大して変わらず、
“自然な食事”では無い気がするんですが。
“肉”な分だけ生食のほうが“自然なまま”に近い。
って考え方なんだろか?


ってことで、
“自然なまま”というキーワードを引きずりつつ、
話しを戻すと、
「愛犬に腹いっぱい食べさせたい」なら、
食餌は2~3日に1回にすべきじゃないかと思うんですよ。

それが、
野生の捕食動物の生活でしょ?

ってことで、
ナルのことが、
「痩せててかわいそう」
と思うアナタ。

アナタの愛犬太りすぎてませんか?



ナルがこんなふうに飛べるのは、
ナルが特別なダルメシアンだから
101125-3
(撮影:みみさん@17th HJC秋が瀬)
では無く、
適切な体形を保っているからだと思ってます



ついでに、
ニクキュー擦りむいたりすることはあっても、
大きな怪我(間接を傷めたり骨折したり)をせずに、
フリーフライトのような遊びができているもの、
太ってないからだと思います。


どうでしょう?




にほんブログ村 犬ブログ ダルメシアンへ
にほんブログ村
▲ブログランキングに参加しとります▲
よろしくお願いします。

HJC秋が瀬@17th

行ってきました。
HJC秋が瀬。

我が家のエントリーは、
ナル&yu-ki(ディスタンスビギナー:1日目)
ヒナ&yati(ディスタンスビギナー:1日目)
ナル&yu-ki&yati(ペアフリー:2日目)
とちょっと控えめなエントリーでした。

ということで、
我が家のスタートはヒナのディスタンスから。

今回の目標は、
『オール10ポイント』
10×4(できれば5)投×2ラウンド。

そんな1投目。
スローはまぁまぁ狙いどおり。
タイミングもバッチリ。
しかしヒナがはじいてしまう。

ソレは良しとして、
落ちたディスクを拾って戻ってくるヒナの、
挙動がおかしい…

「あっ… まずいな…」

と思いつつもゲームはすでに始まっているので、
ヒナからディスクを受け取り2投目。

9-10ポイントエリアでジャンプキャッチ。
コレも狙いどおり。

ヒナが数メートル戻ったところで急に向きを変え、
クルクル回りだす。


やっぱり…
101123-3
(撮影:バニパパさん)



ということで、
ヒナの1ラウンド目は、
0ポイントのまま糞尿行為で失格して終了。


続いてナルのyu-kiとの第1ラウンド。
1投目を持って帰る途中で私を探し始めるナル。

慌ててスローエリアの後ろに走っていって、
yu-kiの元に戻る支持を出す。

その後ナルは落ち着いてプレーできたものの、
yu-kiのコントロールは乱れまくり。


yu-kiの力みすぎの右に流れたスローも、
ギリギリでフォローするナル
101123-4
(撮影:バニパパさん)



そしてヒナとの第2ラウンドは、
1、4投目を暴投。



2投目は私にはジャンプキャッチに見えたんですが…
101123-5
(撮影:バニパパさん)
ジャッジの判定はランニングキャッチ。




結果、
ヒナは19ポイントで終了。

yu-kiは、
冷静さを取り戻し、
8ポイント×4投キッチリ決めて、
合計42ポイント(ぐらいだったかな)で終了。

そしてこの日は、
ヒナの同胎のマイキーが、
ママさんと初めての大会参戦。

なんと、
初参加にも関わらず、
2ラウンド合計で30ポイント以上と好成績!
(スミマセン。写真アリマセン)

はい。
マユゲ負けました。(笑)

筋ダル界のニュースクーラーが、
また1頭飛び出してきましたよ!!

そして、
ニュースクーラーといえば、
2日目には、
「同胎の中で1番のビビリ慎重派?」
と言われたケンケンことハリケーンが、
師匠と組んでレトリーブに参戦。

現在フライボール修行中のケンケン。
2ラウンドとも、
ナゼか2投目までは戻りもバッチリなのに、
3投目からフラフラ…

「同胎の中で1番のビビリ慎重派?」改め、
『2投目までの男』
という称号を得ました。(笑)

師匠いわく、
「やっぱりヤツの性格はフラボ向きだ」
名言です。


2日目応援に来てくれた、
日本一のダンディダルメシアンの呼び名も高い、
DJさんから「シッカリやれよ」の念を送られる、
出番待ちのケンケン
101123-6



そして、
ナルのペアフリー。

細かくルーティーンは変更してるんですが、
大きく変えたところは、
yati・yati・yu-ki・yu-ki・yatiの順番で、
フィールドの端から端まで使っての5投連続キャッチと、
最後の改良2段バックボルト

しかし…
両方とも失敗。orz



ソレ以外のところは、
無難にこなしたものの…
101123-1
(撮影:あさゆめさん)


1011123-2
(撮影:あさゆめさん)



ナルがyu-kiの指示をスルーすることが、
数回あり、
今後の課題も見えた感じでした。

ただ、
「アメリカ遠征」というプレッシャーがなくなったから(?)か、
90秒間眉間にシワを寄せることなくプレーできました。

そのおかげか、
終わった後に、
お友達から「夏前と全然違って見えた」等、
好評をタクサンいただきました。

んで、


金メダルもらいました
101123-7



ありがとうございます。




にほんブログ村 犬ブログ ダルメシアンへ
にほんブログ村
▲ブログランキングに参加しとります▲
よろしくお願いします。

ポイントは“フワッ”と

大会間近なんですけどネェ…

ちょっと実家がゴタゴタしとりまして、
なんだかテンション上がんない状態っす。


そうそう。

人様に私ごときがディスクのご指導したり、
相談を受けたりすることはホトンド無いんですが、
極、極々…たまぁ~にアドバイスさせていただくこともあります。

んで、
その際良く言わせていただくことが、
「ボルトのトスするタイミングをもっと早く」
ってこと。

バックボルトのキャッチ率が悪いときって、
トスのタイミングが悪く見えることが多い気がするんです。

ヒジョーに私的な考えなんですが、
バックボルトを例にあげてお話しすると、
イヌが背中に乗ったときには、
すでにディスクは空中になきゃいけないワケですよ。
アタリマエですが。

んで、
さらに言うと、
イヌは背中に乗った時にディスクを、
ロックオンするワケじゃなく、
地面を踏み切るときだと思うんですよね。

って考えると、
イヌが地面を踏み切るときには、
ディスクが空中になくちゃなんですよ。

ということで、
先日あさゆめさんに撮っていただいた写真で解説。


まずはMTG
101118-1
シッカリとイシのソツーをはかりましょう!

あっ、余計ですか。そうですか。


んで本題のトスを出すタイミングですが…



ちょっとナルとの距離が分りにくいけど、
こんくらい
101118-2
ナルがコチラにアプローチしてる最中、
地面を踏み切る前にすでにディスクは手を離れてます。


この(↑)タイミングで、
ナルの飛ぶ高さはこんくらい(↓)
101118-3



高いボルトを飛ばすときには、
ナルとの距離が2枚目の写真くらいのときに、
ディスクは3枚目の写真くらいまで上がってるはずです。

ディスクをトスするタイミングを早くするってことは、
ディスクが落ち始めるタイミングも早いってことです。
コレもアタリマエですが。

なので、
“フワッ”としたイヌがキャッチしやすい、
トスを心がけてます。

とはいっても、
この「“フワッ”としたトス」ってのが、
またクセモノでして、
回転をシッカリ付けてホバリングさせるのが、
基本だと思いますが、
実は私のバックボルトのトスは、
ホトンド回転してません。(笑)

まぁ、
そういった意味でも私のバックボルトは、
良いお手本出はないのですが…

この辺は大会等で上手いプレーヤーのトスを、
ジックリ観察して色々試して、
愛犬とご自分にマッチしたトスを探してみてください。

アドバイスになったかな?




にほんブログ村 犬ブログ ダルメシアンへ
にほんブログ村
▲ブログランキングに参加しとります▲
よろしくお願いします。

DVD

そうそう、
昨日のネタのトレセン行ったときの話しですが、
先生「yati、ホラ、着たよ」
私「???」
先生の手元を見ると…


キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!
101116-1
Hyperflite Skyhoundz 10 World Championship DVD



正直言いまして、
「アンマリ見たくない…」
と思った。

Last Chance Open Qualifier(最終予選)の内容なら見たいけど、
本戦はボロボロだったし…

まぁ、
記念にご購入。(笑)

んで、
買ったからには見てみましょう。

だけど、
上位のチームしか映ってなかった。
ってことで我が家の映像は無し。

映ってなかって知ると、
チョット残念なような、
安心したような。(笑)

まだ全部見てないので、
マイクロのエバちゃん映ってるか見確認です。

なんだけど…

映ってたよ!
Team JAPAN!!


リンゴを無心で食べまくる、
ぽちさん
101116-2
実物の20倍ぐらいのサイズのぽちさんと
豆大福になりかけのナルの2ショット
(TV画面がテカっててスミマセン)

ちなみに写真の画像は、
DVDのイントロ部分で、
youtubeにアップされてます。


↓↓↓コチラ↓↓↓

35秒ぐらいにぽちさん登場します


ちなみに私とyu-ki(相方)もこのイントロムービーに、
一瞬だけ映ってます。(ちゃんと全身)

yu-ki本人も気付かなかったくらい一瞬。

私は状況を覚えてたので、
「ココに俺らいたよなぁ…あっ映った!」
って感じで。(笑)

コレを発見できる方がいたら、
そうとうなマニアです。

お暇な方は探してみてください。




にほんブログ村 犬ブログ ダルメシアンへ
にほんブログ村
▲ブログランキングに参加しとります▲
よろしくお願いします。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。