迷走!水玉野郎3.0



▼このブログについて
▼海外に愛犬を連れて行く
▼このブログを楽しんでいただくために
▼このブログの管理者に連絡とりたい方
▼このブログはリンクフリーです
▼よろしければランキングにご協力ください

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


にほんブログ村 犬ブログ ダルメシアンへ
にほんブログ村
▲ブログランキングに参加しとります▲
よろしくお願いします。

感動と告白

すっかり忘れちゃってましたが、
リージナルが終わってすぐのネタで、
使ったこの写真。


バックボルト2枚連続キャッチ
100615-1
このトリックができるのは私とナルだけです。



って感じで書いたと思うんですが…

まぁ、
このブログを読んでくれてるホトンドの方々は、
お気づきのとおり、
ウソです

でも、
写真はリサイズ以外、
一切加工等はしていません

んで、
なんでそんなことイマサラ言ってるか?
っていうと、
先日あさゆめさんに、
リージナルのときの写真をいただきまして。

ニヤケながら見ていると、
この時の連続写真がありました。

ってことで、
もしかしたら『ナルとyatiスゲェ~!』と、
勘違いしちゃってる方も、
いらっしゃるのでは?

と思いまして。

ということで、
あさゆめさんからいただいた、
連続写真をご覧いただきながら、
解説付きでどうぞ。



上の疑惑写真の数秒前です。
yu-ki(相方)→私の2連続バックボルトのルーティーン。

100630-1
yu-kiの背中を飛び…


100630-2
ディスクをキャッチ。

その後、
その直線上に私が構え、
もういっちょバックボルトなんですが、
「もっとスピード感のある演出を…」
ということで、
1週間ほど前から、
私とyu-kiの間隔をそれまでより、
2mほど短くしてました。



その結果、
ナルはディスクをドロップしながら、
私の背中へ…
100630-3
ディスクが私の背中にひっかかってるのがわかります。



100630-4
クチにくわえたディスクで、
私のトスしたディスクをはじいてしまいました。
たぶんこの写真の一瞬前のタイミングが、
一番上の写真だと思われます。


100630-5
ナルも私も「やっちまったぁ!」な瞬間。


100630-6
しかしナルは、
ランディングの姿勢をとりながら、
いつもなら視線は地面なんですが、
目でディスクを追っています。
ナルはまだトスされたディスクをキャッチすることを、
諦めてないんですね。



まぁ、
結局ディスクはこのまま地面に落ちたんですけどね。

飼い主的に、
トリックの失敗よりも、
ブログネタを提供してくれたことよりも、
最後の写真のナルのガッツにチョット感動。

バランスを崩して着地の態勢も乱れてるのに、
それでもディスクに向かっていこうとしてくれています。

ホントなら、
「キャッチできなかったディスクは無視して良いから、
 シッカリ4本足で着地してくれ」
と思うところですが…

というか普段のナルは、
キャッチできなかったディスクは、
無理な体勢になってまでキャッチしにはいかず、
無視して着地の態勢をとるので、
逆に怪我の心配をせずに、
安心して際どいトスを上げられるんですよ。

無理なトスはキャッチしない主義のイヌだから。

まぁ、
「ディスクドッグとしてどうよ?」
ってのは置いといて。

ということで、
いただいた連続写真の最後の一枚に、
感動してウソついたこと思い出した話しでした。


ちなみにちゃんとバランスがとれてる、
着地の姿勢はこんな感じ。
100630-7
って写真を探したんだけ、
見つからなかったっす。
コレで、
シッポがピンッ!と後ろにマッスグ伸びてると、
ナルのベストな着地姿勢です。



「このウソつき野郎!オオカミに喰われちまえ!」
と思ったアナタ!
▼CLICK!!▼


にほんブログ村 犬ブログ ダルメシアンへ
にほんブログ村
▲ブログランキングに参加しとります▲
よろしくお願いします。

スポンサーサイト

トレセンで秘密特訓

滞っちゃいましたね。

なんだか忙しくて。

半徹夜&完徹夜の日々でした。


でも、
土日は休む主義です。
onとoffはハッキリさせたいので。

私の勤める会社は、
フレックス制なので、
求められるのは120%の仕事。
要は「ノルマだけこなしるヤツはいらん」ってことです。

なので、

寝る時間削ってでも平日にオモイッキリ仕事して、
土日はユックリ&オモイッキリ遊ぶ!

ということで、
日曜日にトレセン行ってきました。

んで、
ご一緒させてもらった、
みみさんに写真たくさんいただいたので、
私の秘密の練習の様子をコッソリご紹介。


まずはウォーミングアップから



バックスルー
向かいあった状態から指示を出し、イヌが反転して後ろ向きにマタの間をくぐる
からナルと一緒に後ろに歩いてます。
100629-1
ナルは私を見てこのポジションをキープしながら、
一緒にバックしてゆきます。



私が止まると、
そのまま後ろに抜けて…
100629-2



私の体を飛び越します。
100629-3



こんな感じでテンションが上がってきたら、
100629-4
練習開始。


100629-5


100629-6
コレが静止画番長の実力です(笑)


たまに、ボルトを「Bolt」と書いてるブログを見かけますが…
Vault」が正解です。
私が知らないだけで、Boltというトリックもあるのかもですが。





ホントはペアフリーの練習してたんですが、
二人のトリックはアメリカ対策のため非公開です。(ウソ)

上の写真、
簡単にトリックをやっているように見えますが、
実はアメリカでワールドチャンピオンを狙うため、
「大リーガー養成ギプス」を装着して練習しています。
(ナゼ、「大リーガー」?)


そして、


まだまだ修行中ですが、
ヒナもガンバリましたよ~!
100629-7


100629-8
まるでディスクドッグになったみたいですね(笑)


ホントは色々書きたいことヤマモリなんですが…

まぁ、
そのうち。

「なんだよ、もったいぶってんじゃねぇ~よ!」
と思ったアナタ!
たいしたことはないんですけどね。
▼CLICK!!▼


にほんブログ村 犬ブログ ダルメシアンへ
にほんブログ村
▲ブログランキングに参加しとります▲
よろしくお願いします。

超常現象で崖っぷち

先日のリージナルの結果ですが、
HJCのwebではすでに発表されていたのですが、
詳細(フリースタイルの各カテゴリの評価)は、
“スカイハウンズ(米)のサイトで後日発表”とのことで、
「いつかなぁ… まだかなぁ…」
と待っていたんですが、
発表されましたね。

↓コチラからどうぞ
skyhoundz
※直リンクして良いのか分からないので、
 トップページにリンクしてます。
 ココから、
 Results > International Qualifiers と進み、
 ページ内下のほうに、
 Japan (Asian ― World Championship Qualifier)
 って見出しの、[2010](PDF)で見られます。


んで、
今回はいつもの秋が瀬定例大会と違い、
スカイハウンズフリースタイルポイントシステム(PAWS)
という、
いわゆるアメリカ ハイパーフライト スカイハウンズの公式な、
ジャッジで評価されます。

そうですよ。
この“いつもと違うジャッジング”に、
我が家が準優勝できた秘密があるんじゃないか? と。

ということで、
簡単にその評価方法の解説から。

前述のPAWSでは、
以下の4項目でフリースタイルが評価されます。

・Presentation
・Athleticism
・Wow!Factor
・Success

HyperfliteJapanより引用

プレゼンテーション(表現力)
斬新で面白い振り付け、滑らかで流れる様な演技、そして素晴らしいディスクの技で観客を楽しませるチームの表現力を評価します。

アスレティシズム(運動競技能力)
その犬のサイズに応じたスピード、機敏さ、跳躍能力、身体のコントロールに加えて、成功したキャッチ、技、演技の強烈さと運動競技能力を評価します。

ワァウ!ファクター(難度、独創性)
変化にとんだスピンや技の完成度を含めて、意欲的な技や動きを見事にやり遂げる能力を評価します。また、全く新しい動き(技)、または既存の演技でもそれが斬新で独創的なものに変化していれば、このカテゴリーは高得点になります。

サクセス(成功率、完成度)
ディスクの投げ方、キャッチ、技を、見事に成功したチームの能力を評価します。より難しい技は高ポイントです。


ココでさらにいつもと違うのは、
サクセスの評価が単純にキャッチ率ではないということ。
要は10回トスして10キャッチしたからって、
サクセスが10ポイント(満点)とは評価されず、
より難易度の高いトリックの成功が高い評価を得る。

とのこと。

さらに、
ペアフリーは、

・Teamwork

というカテゴリがあり、
こちらは、


HyperfliteJapanより引用

チームワーク(協力)
チームワークは演技の間、チームの人間関係、振付、コートの使い方、動きの流れを考慮して評価されます。


だそうですよ。

んで、
我が家の評価は、

Presentation:7.0(参加チーム中3番目)
Athleticism:7.0(参加チーム中3番目)
Wow!Factor:8.0(参加チーム中最高得点)
Success:8.0(参加チーム中最高得点)
Teamwork:8.0(参加チーム中最高得点)
-----------------
Final:38.0

この結果から分かることは…

マコトシヤカにウワサされる、
訓練競技会などで、
ダルメシアンとチームを組むことによって多く発生するという、
『ダルメシアンポイント』ですよ!

ちなみに、
ご存知無い方のために「ダルメシアンポイント」を解説しますと…
ダルメシアンと競技に参加することにより、
ジャッジがあまりの不憫さに思わず、
通常評価以上の高得点を与えてしまうという、
超常現象のことです。

とうとう、
自然を超える力を味方につけた我が家。

うん。
追い風だ。

100623



「オマエ、アメリカ行っても“崖っぷち”じゃねぇか!」
と思ったアナタ!
その崖っぷちが最高のチャンスなんだぜ!
▼あちくなれよぉ~!!▼


にほんブログ村 犬ブログ ダルメシアンへ
にほんブログ村
▲ブログランキングに参加しとります▲
よろしくお願いします。

Decision

チョット今日は長くなるかもです。

このブログを読んでくれてる皆さんに、
全てをご理解いただけるように書けるかワカリマセン。

しかし、
色々悩んだ末の決断でした。


今日はコイツ↓の話し
100622-1


何度か書いてますが、
私がHINAを迎えるにあたり、
「2頭目の条件」がありました。

・アニーの子どもであること
・♀
・小柄
・欲が強い

みごとにソレを満たしていたのが、
ヒナでした。

もともと、
♀を迎えても我が家で繁殖をさせるつもりは一切ありませんでした。

というか、
私は基本的に素人の繁殖は反対ですから。
正確には『素人』というか、
「ウチのコの子どもが欲しい」的な繁殖に絶対反対。

繁殖させるなら、
意味のある繁殖をさせるべき。

というのを踏まえ…

正直に言いまして、
ヒナを迎えてから、
ずっとヒナの繁殖を考えてました。

モチロン、
理由は「ヒナの子どもが見たい」なんてモノではありません。
「ヒナの母親、アニーのDNAを残したい」
というのが繁殖させたい理由。

以前このブログでも書いたかもしれませんが、
ヒナの母親はショーラインのブリードで生まれた、
美しいショータイプのダルメシアン。
そして、国内唯一のJKCグランドアジリティーチャンピオン。

ヒナの同胎で♀は2頭。
同胎の中ではたぶん1番欲が強いです。

シッカリとしたショーライン同士の、
アウトブリードで生まれた子犬の中で、
1番スポーツに向いている個体。

ソレがヒナなんです。

ダルメシアンにハマり、
ダルメシアンとスポーツする私にとって、
条件的に言えば、
ヒナ以上のダルメシアンはこの世に存在しないんです。

この血統を残したい!

ヒナにディスクを教えながら、
ドンドン吸収してゆくヒナを見ていて、
その気持ちは日々強くなりました。

自分の考えと矛盾している部分があることは、
理解していました。


ただ、
私にとっての最高のダルメシアンは、
言い換えれば、
「最も家庭犬に向いていないダルメシアン」
とも言えるワケで。

そして、
牧羊犬種がメインのドッグスポーツ界。
チョット冷静になれば、
ドッグスポーツを楽しむために、
わざわざダルメシアンを選ぶヒトがどれだけいるんだよ?

と思うわけですよ。

しかも、
1回のお産で10頭生まれるの珍しくないダルメシアン。

いくらドッグスポーツに向いた個体とはいえ、
ただでさえ、
獣医師と訓練士に嫌われてるイヌとか、
訓練性が低いとか言われてる犬種。

ドッグスポーツを楽しむために、
わざわざ準備されているイバラの道を、
歩きたがるドMがどれだけいるんだよ?

と考えると、
ヒナを繁殖させること。
一般的には望まれないダルメシアンを、
作出することは、
「ヒナの体にも負担がかかるわけだし、
 コリャ、ただの飼い主のエゴなのかもしれん」

しかも、
「そういうスポーツに向いてる個体を残すための、
 ♂ダルなんか(血縁関係以外に)いないじゃん」

と思うようになりました。

そして、
このモヤモヤを払拭するために、
当初の予定どおり、
ヒナを避妊手術してもらうと決断しました。


カナリくだらない前置きが長くなりましたが…

ナルが我が家にやってきたときから、
お世話になっているかかりつけの病院で、
6/19に院長先生に手術していただきました。

院長先生曰く、
「サッカー観たいからササッと終わらせましょう!」
とのこと。(笑)

とはいえ、
関西圏からも先生に手術してもらうために、
患者さんが来るほどの腕前ですから。
手抜きは一切ありません。

ヒナの卵巣摘出手術の様子です。
↓内臓とか苦手なヒトはスルーしてください。
100622-2
写真をクリックすると拡大表示します。※グロ注意


無事手術終了。
かん子(ペアンとか言うんだっけ?)を広げて、
示しているところが手術痕。
100622-3
写真をクリックすると拡大表示します。※ややグロ注意

ご覧のとおり、
とてもキレイで小さいです。

うん。
コレで良かったんだ。




1つモヤモヤが消えました…




「オマエも悩むことがあるんだねぇ…」
と思ったアナタ!
▼CLICK!!▼


にほんブログ村 犬ブログ ダルメシアンへ
にほんブログ村
▲ブログランキングに参加しとります▲
よろしくお願いします。

とりあえず検疫だろ(その1)

海外にイヌと遠征(旅行)するために、
まずだれでも思いつくであろう、
必ず必要なモノ。

ニンゲン→パスポート
イヌ→検疫

ですよ。

ちなみに、
私のパスポートも期限が切れてました。(汗)

んで、
「検疫ってどうすんの?」
ってことで、
2008、2009とWS(ワールドチャンピオンシップ)に出場してる、
Aさんに電話してみた。

① マイクロチップの装着
② マイクロチップ装着後の狂犬病予防接種
③ ②後、30日以降1年以内にもう一度狂犬病予防接種
④ 採血→血清を指定機関に送り抗体検査

というのが大まかな流れだそうで、
ソコで出てきたキーワードの、
「マイクロチップ」「狂犬病予防接種」といえば…

動物病院。

ってことで、
かかりつけ動物病院に「週末に相談に行かせてください」とメール。

ということで、
6/19にヒナもついでに2頭ともマイクロチップを装着してもらいました。
同時にナルは1回目の狂犬病予防接種。

装着後、スキャナーで確認
100621-1
ちなみに画像はヒナです。


問題無く装着されると、
病院にあったスキャナーでは、
15桁の識別ナンバーと体温が交互に表示されてました。

ちなみに、
装着した直後なので、
まだマイクロチップが体温になじんでないので、
やや低めも体温を表示してます。

摂氏と華氏で表示されてるようです。

ということで、
第一歩を踏み出した感じです。


にほんブログ村 犬ブログ ダルメシアンへ
にほんブログ村
▲ブログランキングに参加しとります▲
よろしくお願いします。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。