迷走!水玉野郎3.0



▼このブログについて
▼海外に愛犬を連れて行く
▼このブログを楽しんでいただくために
▼このブログの管理者に連絡とりたい方
▼このブログはリンクフリーです
▼よろしければランキングにご協力ください

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


にほんブログ村 犬ブログ ダルメシアンへ
にほんブログ村
▲ブログランキングに参加しとります▲
よろしくお願いします。

スミマセン

スッカリとブログを放置してしまいました。

実は、24日夕方に実家近くにデッカイ総合病院があるんですが、
そこから電話があり、
「お母さんがカクカクジカジカで入院&緊急手術になります。今すぐ来てください。」
とのこと。

私の実家は母と祖母(95歳)の二人でくらしています。

病院に向かう途中にyu-ki(相方)に連絡を入れ、
母が入院してる間、祖母を受け入れてくれる施設(ショートスティ)を探してもらうよう、
祖母のケアマネージャーに連絡を取ってもらい、
2駅離れたトコロに住む叔母に連絡を入れ、
受け入れ先が見つかるまで祖母の面倒を見てもらえるかを確認。

母の手術も無事終わり、
祖母の受け入れ先も見つかり、
一安心しているところに、
母が入院している病院から電話…

「術後の経過は問題無いが、全身麻酔の影響で24時間体制での見守りが必要」
とのこと。

母ぐらいの年齢(私は長男ですが末っ子なので、私と同年代の人の母親より高齢)になると、麻酔から目を覚ましていても、麻酔薬が完全に体から代謝しきるまで1週間ぐらいかかるそうでして、その間いわゆる「ボケ」のような症状が出る場合があるそうです。
とくに今回のような緊急な手術の際は本人の頭も整理がついていない状態。
さらに、「世話が必要な祖母を家に置いてきている」というような「自分が入院してしまったら…」という心配事があったりすると、その可能性は高くなるそうです。

ということで、日曜の夜から昨夜まで病院に泊り込み。
健康体で入院体験してきました。(平均睡眠時間2時間)

イカンね。

曜日や日付の感覚がサッパリ無くなるっすよ。

そんなこんなで、
母の状態も落ち着き、
今日に至ってます。

まぁ、今後のことも含め、
まだまだ早急に動かなくちゃいけない問題がタクサンありまして、
しばらくブログの更新が途切れるかもです。

ご容赦ください。
よろしくお願いします。

あっ、
私とyu-ki は少々寝不足、
ナルは少々運動不足ですが、
我が家はミンナ元気です。



にほんブログ村 犬ブログ ダルメシアンへ
にほんブログ村
▲ブログランキングに参加しとります▲
よろしくお願いします。

スポンサーサイト

新しい1皿

昨日、ナルが誕生日だったことを書きましたが、
タクサンの方々にお祝いのお言葉をいただきました。
ありがとうございます!




今朝のお散歩は小雨の中となりました。

おかげで、グラウンドはダレもいない。

ので、
ちょっとディスクで遊んできました。

ナルドロドロ。

んで、
今朝使ったディスクですが、
先日の残念なミルキーウェイカップで参加賞的にいただいた、
HERO社のディスク。

軽くて柔らかいオレンジ色のやつ。



左のオレンジのやつね。
090722-5
ちなみに、
右のピンクのディスクはPinupPooldesのオリジナルディスク。
私がデザインさせてもらいました。

アップでどうぞ。
090722-4
「お礼…」
と、1枚いただいちゃいました。
P.P.の皆さん、ありがとうございます。



これがね、ヨサゲなんですよ。
Jawzに比べてとにかく軽い。
サッソクHERO社のサイトで調べてみると、
V-modelのType[COOL]というディスクのようです。

さらにAboutMyDogsさんのサイトで調べてみると、

Jawzは約145g。
V-modelのType[COOL]は約105g。

で、何がヨサゲかも含めて私が感じたことは…

Jawzと同じフォームでType[COOL]を投げると間違いなく、
右に飛んでいきます。(笑)

まぁ、コレは投げ方を変えれば良いワケで。
たとえば、リリースする時のアングルを強めにしてみる。とか、
最初から、左の方めがけて投げてみる。(笑)とか。

私の場合は、
リリース後に腕を体の後まで振りきらずに、
腕を体の前で止めることで、調整してみました。

ただ、軽くて柔らかいからか、飛距離を出しにくいです。(Jawzと比べて)
飛距離を確保するにはシッカリと手首のスナップを使い、
強い回転を与えることが必須でしょうね。
まぁ、どっちにしても、Jawzのような速いディスクを出すのは難しそう。

で、こっからが『ヨサゲ』ポイント。
前述のように強い回転を与えることによって、
ソコソコの飛距離は出せます。
しかし、重いディスクに馴染んでいる私がイキナリ投げるには、
コントロールがチョット難しかったんですよ。

「あぁ~、やっちまった… ナル、ゴメン!」

みたいな、残念ディスクも滞空時間が長いので、
ナルがフォローする時間がタップリ。
Jawzなら間違いなく地面に落ちてるディスクが、
なかなか落ちてこないので、
フォローに間に合ったナルがジャンプキャッチするぐらいの高さで、
フォバーリングしてるんです。

Type[COOL]はもともと、
寒い時に硬くならないように作られた素材だそうで、
私が持った感じだと、頼りないくらい柔らかく感じます。
しかし、
ハードバイトでは無いナルには逆にソレが噛み心地が良いみたいで、
いつも犬歯に引っ掛けてディスクをくわえているナルが、
「あらっ、楽しそうね?」
ってくらい、シッカリ噛んでいて、
コマンドでドロップしないぐらいでした。

まぁ、柔らかいだけに、耐久性は期待できないみたいですね。
6~7本のディスタンスだけで、
リムはけっこうボロボロになりました。

「ディスタンスに出るときは大会には新品を1枚持ってって、
 状況により選択肢に入れても良いな」
と思ったディスクでした。


さて、ココから別ネタ。
先日のミルキーウェイカップの時の写真を、
キース&ティアラの父さんからいただきました。

ありがとうざいます!


090722-1
始まる前のセットしてるところ。


090722-2
連続スロー。


090722-3
高さからして… バックボルト。
かな?



写真で良いトコロだけ見てると、
「俺たちけっこうイケてる!」
と、錯覚できて嬉しいです。




にほんブログ村 犬ブログ ダルメシアンへ
にほんブログ村
▲ブログランキングに参加しとります▲
よろしくお願いします。

4歳と3連休とブーメラン

7月17日でナルが4歳になりました。

とりたてて、ケーキ作ったりすることもせず、
連休中に、ナルは頂きものの「野生の鹿の肉」多めのご飯。
飼い主たちはパスタとサラダとスパーリングワインでお祝いしました。

で、そんな3連休。
土日はyu-ki(相方)仕事。
土曜日は、仲良くしてもらっているJack&Zero家がレッスンにトレセンに行くと、
聞いていたので、仕事が予定よりもアッサリ片付いたので、
トレセンに遊びに行ってきました。

月曜日は、
先生は出張で不在のトレセンで、
Jack&Zero家、スタッフ黒Pさん、スタッフAさんで、
トレーニン場の整備をするとのことで、
ちょっと近くまで用事のあった我が家も参加。

と言っても、私たちはホトンド手伝いもせずに、
皆さん連れてきていたイヌたちを、
かわるがわるクレートから出して、
勝手にディスクで遊んでみたり、
自分達の練習してみたり。

途中、用事で失礼した我が家は再度、
ドッグカフェでくつろぐ皆さんに合流。
楽しく盛り上がりましたとさ。


090721

いつも、トレセンに行くとナゼか緊張気味のナル。
しかし、
先生がブーメランを持った瞬間、
ナゼか目がキラキラしてきて、
「投げて! ソレ、投げて!」
と先生にモーレツアピールでした。

先生が、ブーメランを投げると、さすがにキャッチはしないものの、
ルンルンでくわえて帰ってくるんですよ。

「ディスクよりコッチのが欲あるんじゃない?(笑)」
と先生。

HJCの大会はディスクのメーカー、種類は問いません。

「先生、ブーメランを5本揃えたらソレでフリー出てもOK?」

という質問には、

「う~ん… さすがに『ブーメラン』はなぁ…」

と、本気で考え込む先生でした。




にほんブログ村 犬ブログ ダルメシアンへ
にほんブログ村
▲ブログランキングに参加しとります▲
よろしくお願いします。

残念な動画

公開したくないなぁ…

この前の大会ではカテゴリは違えど、
「アジアで2位です」
とか言ってんのになぁ…

でも、
もしかしたら、
この動画見て、

「こんなんでも大会出てるんだから、ウチのダルでもイケるな!」

って思ってくれるダル飼いが一人でもいてくれたら…

という願いを込めて、
先日のミルキーウェイカップのフリーの動画を公開です。

ナゼか最初の10秒経過したあたりからですが、
コレは撮影したyu-ki(相方)がカメラの操作に戸惑ったからだと思われ、
他意はありません。

動画の40秒ぐらいまではイイカンジなんですよ。
(2枚連続投げはことごとくキャッチしてませんが)

そこで、何かのニオイに気をとられたようで…

その後、プレーに戻れたのに、
また、その場所でプレーを進めてしまい、
また、集中が切れます。

心優しい方は、40秒で動画を止めて、
他のブログへと行っちゃってください。

そんな残念なプレーをどうぞ。



20090712MilkyWayCup


ということで、
次回がんばりましょう。

でも、私のフリーフライトで大会に参加する予定は今のところ決まってません。




にほんブログ村 犬ブログ ダルメシアンへ
にほんブログ村
▲ブログランキングに参加しとります▲
よろしくお願いします。

ミルキーウェイカップ

12日は、
千葉賢犬倶楽部主催の「ミルキーウェウカップ」に参加させてもらいました。

正確には、普段からメンバーの皆さんに仲良くしていただいていいる、
PinupPoodlesも共催とのことでして、
今回は、
「ナルはスタンダードプードル(毛質:スムース/カラー:水玉)です」
ということで、我が家もP.P.のメンバーとして、
プレーヤーとしての参加だけでなく、
大会の運営もほんのちょっとだけでしたが、
お手伝いしてきました。

とはいっても、大会の進行は我が家がホトンド未経験なNPA形式。
「とりあえず、動かにゃいかん」
とは思っても、
サッパリ勝手がわからず、
忙しそうに動いてるスタッフの方々に、
話しかけるのはヨケイ邪魔することになりそうだし…
けっきょく、オロオロしてるだけでした。orz

ということで、プレーのお話し。

今回は、yu-ki(相方)は出番無しで、
私とナルでD2(ディビジョン2)というカテゴリに参加。
90秒(ディスク7枚)のフリーと45秒のディスタンスで、
合計得点を競います。

土曜日にちょっと嬉しい知らせ(ディスクとは関係無し)を聞き、
「きっとコレは俺様に良い流れが入ってきてるんだ」
と自己暗示をかけ、いざ出陣。

なんでも「今回は特別」だそうでして、
普段AWI-Japanの公式戦でこの大会では設定されていない、
D1(一番レベルの高い上級者用のカテゴリ)の、
メインジャッジをされてる方々がジャッジしてくれるとのこと。

「よぉ~しっ!そんなスゴイ人が評価してくれるならガンバっちゃおう!」

と鼻息荒く、フィールドへ…

昨日の今日でしゅっぽっぽさんから写真をいただきました!



今回、P.P.のTシャツをいただいたので、それを着てプレー。
もちろん、この下には飛皿Tシャツを着てます。魂までは売りません。(笑)
090713-1
HJCの大会では、お披露目したことの無い、
トスとミドルスローの連続投げ。


軽く走りながらトスして、
トスした方向と反対側に体を回しながら、
サイドアームでミドルを出すので、
気をつけないとステップ+回転で勢いついて、
ミドルが超ロングになっちゃったりすることがあるのですが、
NPAのコートは広いので、OBの心配が少ないのでやってみた。
もう少し、サイドアームの精度を上げれば、
どんなサイズのコートでも使えるんだけどなぁ…


090713-2
こちらはいつもやってるヒップボルト。



のはずだったけど、私が余裕が無くて上手く指示をだせずに、
チュウトハンパはオーバーになっちゃいました。


090713-3
コレもいつもやってるツーハンデットオーバー。
こちらも、写真を見ると… タイミングずれてますね。



で、結果は…

最近影を潜めつつあった「フラフラ病」が、
一気に出た感じで、今回のために練習してきた、
やりたかったトリックを半分ぐらいしか出せずにタイムアップ。

で、気分を取り直してデイスタンス。
30m~45mの2ポイントエリア×3投狙いだったのですが、
水玉王子すでにお疲れだったのか、
いつものスピードが出ずに最初の2投追いつかず。
最後の1投、ナルにしっかりアドバンテージをとらせて、
45m~の3ポイント狙いのロングスロー。
「ジャンプすれば取れたんじゃないの?」
ってところまで追いついてたものの…

結局、ディスタンスはノーキャッチの0ポイントで終了。

なかなか残念なミルキーウェイカップでした。


なんですが、閉会式後にmitsumixさんのおかげで、
ジャッジの方にお話しを聞けたのですが、
「私は厳しいこと言いますよ」と言われて、
覚悟して聞いた酷評も自分で納得してるものばかりで、
それほど凹むことも無く、
「オレ、ヘンな免疫できたな…」ってのが感想。

さらに、私が疑問に思ってたところなんかも、
質問させてもらい、
コレにも的確にお返事をいただきました。

そして、さすがは団体のトップ。
『厳しいご意見』の中にも誉める場所をムリクリ見つけてくれるものです。
「今回見せてもらったプレーでは、プレーヤーはスタイリッシュに動けてたと思います。それにチョットイヌがついていけてなかった感じ。」
とのこと。

『スタイリッシュ』

んなこと、言われたこと無いからどう反応したら良いかワカランガナ。


ってか、
要は「イヌとプレーヤーの動きがチグハグだった」ってことか…?



…… だな。




誉められたワケでは無いのか…



   orz


あっ、そうそう。
ひつとその会話の中で気になったのが、

ジャッジ:
「ナルちゃん、普段はスカイハウンズ(ハイパー)でプレーしてるんでしょ?」

yati:
「はい。そうです。」

という会話があったのですが、
私はその方にお会いしたのは初めて。

後から気がついたのですが、なんで知ってたんだろう?


まぁ、どうでもいいか。





にほんブログ村 犬ブログ ダルメシアンへ
にほんブログ村
▲ブログランキングに参加しとります▲
よろしくお願いします。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。