迷走!水玉野郎3.0



▼このブログについて
▼海外に愛犬を連れて行く
▼このブログを楽しんでいただくために
▼このブログの管理者に連絡とりたい方
▼このブログはリンクフリーです
▼よろしければランキングにご協力ください

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


にほんブログ村 犬ブログ ダルメシアンへ
にほんブログ村
▲ブログランキングに参加しとります▲
よろしくお願いします。

nasu

またちょっと間が空いちゃいました。

那須に行ってました。

まずは、「いわむらかずお絵本の丘美術館」へ。
こちらは、女性陣のご希望で。

このあと、
私が希望していた「吊橋」に行く予定だったんですが、
ちょっと時間が押していたので宿へ向かうことに。

途中、昼食を求めて通りすがりで立ち寄った、
栃木県なかがわ水遊園
ここのソバ屋のソバも美味かったんですが、池のコイがスゲェ!

080930-1
私の持ってる「魚のエサ」がどうしてもほしいナル


080930-2
まだ「魚のエサ」を狙ってるナル


近くまで行く機会のある方は是非エサをあげてください。

そして、早々に宿へ向かいます。


泊まったのは、お約束のこちら↓
080930-8
イマジンドッグスさん
(写真は宿に隣接するドッグラン)


なんと今回は、ナルの仲良しで、ご近所のハイパーラブラドールのアンジュ家が、我が家が予約した日に合わせて予約してくれたんですよ。

で、我が家がチェックインしにロビーへ行くと、アンジュ君はすでにロビーで待機中。

サッソク、荷物を部屋に投げ入れドッグランへ。
080930-3
アンジュ君にチョッカイだしなら走るナル

080930-4
アンジュ君にちょっかい出し続けるナル

お互い走りにくいだろうに…

翌朝もチェックアウトの時間を過ぎてるのに気づかずにアンジュ君と遊び続けてからチェックアウト。

その後、ペンションの正面にあるペーニーレインで女性陣がパンを物色中、外で待ってたらタイミング良く、ペンションの看板犬ラブさんとピースさんのご出勤に遭遇。



080930-5
グレートデーンのピースさんと
ボルゾイのラブさん


とってもフレンドリーな2頭でした。

080930-6
でも、さすがに鼻を突き合わすと迫力ありすぎでした



実は、ナルを我が家に迎える時、私的にはボルゾイが第一候補だったんですよ。
でも、相方のyu-kiの「デカすぎる」「顔が怖い」という意見で却下されました。

オーナーさんに、
「ボルゾイに憧れてるんです。でもウチにはボルゾイを走らせる敷地も無いし…」
なんて話しをしたら、
「ダルメシアンの方が運動量多いでしょ。ダルメシアン飼えるなら、ボルゾイも大丈夫だよ」
なんて、オーナーさんは言ってました。



で、



さらに、




「ボルゾイ好きなら、喜んでもらえるポーズがあるよ。ここに立って」


と言われ…




こんなポーズで写真撮ってもらいました。
080930-7

デカイですね。

大きさが伝わりにくいですが、私、身長186cmあります。
その私の肩に軽々と前足がかかるんです。

かなりハッピーな一瞬でした。


で、帰宅後ニヤニヤしながらこの写真を眺めていると、相方yu-kiがポツリと…






「あんた達、似てるね…」





にほんブログ村 犬ブログ ダルメシアンへ
にほんブログ村
▲ブログランキングに参加しとります▲
よろしくお願いします。

スポンサーサイト

テンコ盛り(種まき入り)

080926



にほんブログ村 犬ブログ ダルメシアンへ
にほんブログ村
▲ブログランキングに参加しとります▲
よろしくお願いします。

反比例する長さと深さ

さて、
「最近、レッスンネタ少なくネ?」
と思ってる方、いらっさると思いますが、
ソレには理由がありまして…

週末遊び歩いているので、もう1か月以上トレセンに行ってません。

で、さらに先生はHJC(ハイパーフライトジャパン ケーナインディスククラブ)の代表でもありまして、今、アメリカ本土で行われるワールドチャンピオンシップのジャッジとして招かれ渡米中。

なので、来月半ばぐらいまで、レッスンはないんですね。

でもね、スゴくないですか?
ディスクドッグの本場、アメリカでもいくつか大きなディスクドッグの団体はありますが、そこでおこなわれる世界大会でジャッジをする日本人って他にいるんでしょうか?

で、さらにその「本場の『ディスクドッグ』を審査する立場の人に指導を受けられる環境」って日本で他にあるんですかね?

「国内で技術の向上を目指すのにコレと同等もしくはそれ以上の環境ってそうないんじゃないの?」
と思ったら、自慢したくなったので書いてみました。




さて、

最近のお気に入りがコレ
080925-1
ナルのツメキリ


前に「ナルのツメでセナカが傷だらけ」って記事を書いた時に、「ツメが伸びすぎてたりしネェ?」と、とらまま♪さんコメントをいただき、
「たしかに長めだけどなぁ…」
とは思ってました。

っていうか、
「ほぼ毎日、こんだけ走ってんだから切らなくてもこれ以上長くなんないし、こんぐらいが適切なんだろう」
と漠然と思ってました。

でも、イヌのプロでもある、とらまま♪さんにそう言われると、
「… もしかして… 伸びすぎ?」
と思うようになりました。

そんな時に、ナルが子イヌのころから色々アドバイスをいただいている、スーパー訓練士さんとお会いして、
「ナルのツメ、伸びすぎっすかね?」
と聞いたところ、
「伸びてる」
とのこと、
「ある程度、短くすることでツメに頼らず地面を蹴れるようになるので、蹴る力も強くなるよ」
とのこと。
(ホントは、もっと詳しく説明してもらったんですけど、思いっきり要約するとこんな感じ)

「蹴り足が強くなる」
という言葉が、バックボルトでハイエアーを目指す私の心に刺さりました。
ナルのツメはセナカに刺さりますが。

ただ、私的に「爪詰め」には抵抗があり、
あっ、そうしてる人を否定はしませんが、自分がそうすることには抵抗があるってことです。
その話しを聞いてから1週間考えて、
「短くしてみよう」
という結論に至り、スーパー訓練士さんのところでこのツメキリを購入しました。
で、最近短めにしてます。
っていっても、その長かった時から切っても血が出ない程度ですけどね。
なので、ずっと短めにしてるイヌから比べるとまだまだ長いと思います。

でもね、切るとフローリングの上歩いててもツメの音がカチャカチャしないんですが、2日ぐらいでカチャカチャしだすんですね。
で、先っちょを少し切る→また2日ぐらいでカチャカチャ…
これの繰り返し。

きっと、
「今まで長すぎて開いてたアシがツメを切ることで締まってきてるのかな?」
と思ってます。

でも、まだカチャカチャしてるってことは、まだ長いんでしょうが、これ以上切ると血が出そうです。







で、





セナカの傷はつかなくなったか?



というところなんですが…




080925-2




ツメが短くなって蹴る力が強くなったぶん、
ツメが短いのに傷口は深くなりました。




にほんブログ村 犬ブログ ダルメシアンへ
にほんブログ村
▲ブログランキングに参加しとります▲
よろしくお願いします。

最近のことです

スミマセン。

スッカリ更新が滞ってます。

なんだかね、やること多くて…

先週末は、スーパードッグカーニバルに黙ってキレイな服着て立ってれば、モデルみたいなのに、喋ると漫才コンビみたいな友人カップルと行ってきましたよ。

去年、ナルも連れてかず、カメラも持たずで行ったら全くブログネタにならず、非難の声をいただいたので、今回はナルも連れてカメラも持っていったのに、カメラは駐車場の車の中に忘れ、会場にはタクサンのイヌとヒト。
ゆっくり店を見て回る気にもなれず、人酔いして早々に退散。

やっぱり、ネタになりませんでした。


で、今日はフリスビーでお世話になっている、Jack&Zero家と遊んできました。


こちら、黒ラブのJackさん
080923-1


こちらは弟分、ボーダーのZeroさん
080923-2


お昼頃に、共にほか弁持参で合流。
青空の下、原っぱにテーブルとイス出して昼食。
なんとJackママさんの手作りプリンのデザート付でしたよ!
私と相方のyu-kiはがっついて写真を撮り忘れました。

んで、空腹を満たした後はノンビリ世間話ししてから、人気の少ないところに移動してフリスビーの練習。
人気の少ないところは蚊が大量で全員ウデがボコボコになるほど刺されました。

でも、楽しかったぁ~

なんだかね、毎週末ナル連れて遊びまわってるのに、
「今日は、遊んだ!」
って感じが帰路の車内で満々でした。


でね、

コレはその練習中の1枚
080923-3


コンパクトデジカメで撮影してるので、動きの早いナルがブレちゃってるのはしょうがないとして、注目してほしいのは私の服。

ナルがジャンプするために、蹴った私の背中の部分がズレて、かろうじてディスクはキャッチしてるものの、ナルがズッコケてるんです。

コレは、「大会で良い成績を出すため」とかそんな話し以前にシッカリした対処法を見つけないと、ナルが怪我する可能性があると思います。

とりあえずは、「あまりダボダボした服で練習しない」って感じでしょうか…

でも、今日着てたパーカー、それほどダボダボしてないんですよね。

もし、
「ウチはこんな工夫してます」とか、「こうしてみたら?」等アイデアありましたら教えてください。
よろしくお願いします。




にほんブログ村 犬ブログ ダルメシアンへ
にほんブログ村
▲ブログランキングに参加しとります▲
よろしくお願いします。

秘密の特訓?

080919
それは…


080919-1
金色のロングヘアーをそよ風になびかせながら、
毎日ナルの練習を見てくれているこの美女。
飛皿愚連隊サポーターのエマちゃんです。


最近ね、ってか先週末の大会の時、HyperFlite社のSofFliteっていうゴムっぽい素材の柔らかいディスクがあるんですけど、ソレを投げさせてもらう機会がありました。
今、ナルがメインで使ってるディスクは同じくHyperFlite社のJawsというディスク。
一般的なディスクに比べ重くて柔らかめで、さわり心地はプラスチックとゴムの中間のような感覚。(イヌ用のカミカミするオモチャでありそうな感覚です)
ナルが食いつきが良いのでコレ使ってます。

良い点として、
重いので少々風が強くても影響を受けにくくコントロールしやすい。
歯型がほとんどつかず、ナルのアシが浮くほど引張りっこしても穴が開かない。
なんですが、
使い勝手が悪い点として、
重いので回転が維持しにくく、長い距離を高めに投げると失速して急降下しやすい。
強い回転がかけにくいのでエアバウンド系のトリックが「地を這う弾道」になる。失敗すると地面に刺さる。
柔らかいので、スキップスローも「地を這う弾道」になる。
なんですよ。

で、そのSofFliteはJawsに比べとても軽いんですね。
なので、強い回転もJawsに比べてかけやすく、エアバウンド系が投げやすい。
たぶんロングスローもJawsより調子良いのではないかと思います。
でも、柔らかいのでやっぱりスキップスローは「地を這う弾道」でした。

SofFlite、気になるんだよなぁ…
ナルに使ってみたいなぁ…

でもね、JawsでもSofFliteでも、タイミングが合えばナルでもキャッチできる程度のスキップスローは投げられるんで、私が未熟なだけで練習次第ではイケるのかもです。

というとで、トリックスローとか飛び方のちょっとした違いなんかはあるんですが、一番の違いは、素材が違うとナルの食いつきが全く違うんですよ。
一般的なプラスチックのディスクとJawsを混ぜてマルチプルとかすると、ナルはJawsしかキャッチしないほど。

「ウチのコにもフリスビーやらせたいけど、全然興味持ってくれなくて…」
なんて方、
「このディスクだと追ってくれる!」
なんてのがあるかもですよ。

ちなみに、競技で使われている各団体が公認しているディスク。
大会の会場で買うと近所のホームセンターで買うより全然安く買えます。
「必ず」じゃないと思うけど、だいたいそう。





にほんブログ村 犬ブログ ダルメシアンへ
にほんブログ村
▲ブログランキングに参加しとります▲
よろしくお願いします。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。